--. --. -- 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


blogram投票ボタン
Share |

 
2009. 06. 15 

マロリオン : 砂漠の狂王

※ネタばれ注意※

マロリオン物語(2)砂漠の狂王 

いよいよ新しい仲間との新しい旅が始まりました。
ベルガリアードではベルガラスもポルガラも何をしたら良いのかはっきりわかっていましたよね。
でもこのマロリオンではベルガラスさえ、先に何が待ち受けているのかわからないようで、
今までにない緊張感があるように思います。
ベルガラスのイライラもよくわかりますw

この巻でエランドの本名がわかりました。エリオンドです。
ブロルグでウルが明かしてくれました。
そんなエリオンド。
今回も突拍子もない偉業を成し遂げました。
グロリムたちがトラクへの生贄の儀式をする祭壇(?)で、
生贄の心臓を焼くための(神聖な)炎をいとも簡単に消してしまいました。
彼自身どうやったのかはわかっていなくて、消えて欲しいと思ったら消えたとのこと。
エリオンドの謎は深まるばかり。
とにかく彼は、何かとても大きな役割を担ってるような感じがします。

ダーニクとトスの友情も面白いですね。
トスは何も喋らないけど、表情豊かで怖い人では無さそうです。
どうしてダーニクにはトスの言うことがわかるんでしょうね?
ジェスチャーを交えているようですが、周りは何言ってるのかわからないようで、
いつもダーニクが通訳してますw
最後の方ではトスが仲間を裏切ったと、ダーニクが絶交宣言しちゃいます。
本当に裏切りだったのかは疑いがありますが、2人は仲良くしていて欲しいです(*'ー'*)

でもそのトスは、シラディスの言う事には刃向かわないので、
彼女が裏切りの真相に関わってるんですよね。
予言者なのでこの裏切りも予言の一部なのか、予言を満たすために必要な行為なのか。
とりあえずシラディス(というか予言者)が何を考えているのかさっぱりです。

驚くべきことが一つ。
ウルギットがシルクの弟?!
なんと、ウルギットはレディ・タマジンとシルクの父親との間に出来た子供らしいです。
ある意味ベタな展開ですが、この物語の中だと逆に新鮮というか、面白い展開に思いますw
ウルギットってほんと憎めない存在ですよね。
プララが恋焦がれる存在でもありますねー。

シラディスの予言にあった新たに仲間になる4人。
<女狩人>、<男ならぬ男>、<からっぽの者>、<見張り女>。
この中の<女狩人>はリセルのことでしょうか?
はっきりしませんが、サディはもっとわかりません(^^ゞ
彼はこの4人の中に入ってないんでしょうか?
<男ならぬ男>じゃないだろうし、<からっぽの者>でもないみたいだし.....。
この部分は次巻でいろいろとはっきりするかもしれません。

さて、リセルとシルクの関係が今後どうなるのかが何気に気になります。
シルクはほんとーに恋愛とは無縁な気がするけど、
リセルへの気持ちに本人も気付いていないだけかも、、、という気もします。
べスラという特別な思いを寄せていた人がいて、
彼女が殺された後のシルクは今まで見たことのない彼でしたが、
その傷が癒えて、リセルとの間に恋が芽生えるのを見てみたいです( *´艸`)



blogram投票ボタン
Share |

Tags : 小説   ファンタジー   マロリオン物語    

    

Comments

Write

サイト管理者にのみ通知する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。