--. --. -- 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


blogram投票ボタン
Share |

 
2008. 05. 29 

「252-生存者あり」 近況

伊藤英明さん、内野聖陽さん主演の映画「252-生存者あり」情報です。
ちょっと出遅れましたが、カンヌで5分間の特別予告編が公開されたそうです。
そして第1弾のティーザーポスターも出ました。

252 01


以下はカンヌ関連記事です。
「映画『252 生存者あり』カンヌで遂にベールを脱ぎ、世界の映画関係者の度肝を抜いた!」

伊藤英明×内野聖陽
史上最大規模の巨大台風、新橋直撃!
仏・カンヌで映像解禁!
新橋壊滅シーン初公開&豪華キャスト発表!
カンヌで遂にベールを脱ぎ、世界の映画関係者の度肝を抜いた!

伊藤英明、内野聖陽主演の『252 生存者あり』(12月6日公開、水田伸生監督)の本編映像が仏・カンヌでお披露目され、世界の映画関係者の度肝を抜いた。昨年末にクランクアップし、現在は本編完成に向けて実景とCGをあわせた編集作業中だが、このほどカンヌ用に特別に編集された映像が現地にて上映され、早くも海外の配給会社から問い合わせが殺到している。

本作は、この人類に、ある意味平等に降りかかる天災に対して、人間がどう立ち向かうのかを描くと同時に、自然災害、交通事故、火災・・・あらゆる現場で命懸けの人命救助にあたる消防救助機動部隊、通称ハイパーレスキューの葛藤にも焦点をあてる初めての映画になる。
今回、お披露目された映像には直下型地震と高潮による水没で壊滅した東京屈指のオフィス街・JR新橋駅周辺がリアルに描かれている。また、サラリーマン、買い物客で賑わう銀座4丁目交差点にソフトボール大の巨大な雹が降るシーンではデパートの時計台が破壊され、交差点では追突事故を引き起こし、パニック状態に陥った人々が悲鳴と共に一斉に地下鉄の駅構内へ逃げこむ緊迫したシーンもあり、ハリウッド映画さながらの迫力映像に早くも海外の映画関係者の注目を集めた。

映像解禁に合わせてカンヌ入りした日本テレビの佐藤貴博プロデューサーは「今回お見せしたのはほんの一部分。本編にはお台場、新橋、汐留が高潮に呑み込まれるシーンもあり、今までの日本映画にないインパクトを世界に与えるでしょう。しかし、この映画で描く災害は絵空事ではなく、近い将来起こりうるものです。リアルシュミレーションとしてのスペクタクル映画であるとともに、その災害に立ち向かう人間たちを、救出する側と、絶対に生き残ろうとする側の両面から描き、人間の強さと弱さを浮き彫りにするのが本当のテーマです。でも、そこに人間の素晴らしさと感動のドラマがあり、クライマックスには世界が涙することでしょう!」と自信を見せる。

撮影は10月8日から12月26日まで調布・関東村と千葉県鋸南町をメインに行われた。新橋の地下や地上部分などオープンセットを組んで、実際に鉄砲水を再現し、CGでは表現できない、本物の”水”の迫力が描かれる。そして、高潮による被害はお台場から、銀座、新橋にまで及び、こちらは実景とCGをあわせた迫力の映像になる。

このほど初公開されたJR新橋駅周辺の壊滅シーンは、篠原静馬隊長(内野聖陽)率いるハイパーレスキュー隊が地下に取り残された人々の救助作業にあたる現場のひとつ。“サラリーマンの聖地”とも言われ、普段は多くのサラリーマン、OLが行き交うJR新橋駅周辺を忠実に再現した巨大オープンセット(調布・関東村)で撮影された衝撃的な光景だ。

映像解禁に合わせて伊藤英明(32)、内野聖陽(39)ほかの豪華キャストも発表された。元ハイパーレスキュー隊員だった伊藤演じる篠原祐司と行動を共にする研修医に山田孝之(25)、精密機器メーカー社長に木村祐一(45)、銀座のホステスに本作が映画デビューになる韓国人女優・MINJI(24)。境遇や国籍の違う彼らがそれぞれの想いを胸に過酷な状況に立ち向かう。

一方、内野演じる篠原静馬の部下にあたるハイパーレスキュー隊・副隊長に山本太郎(32)、静馬の上司にあたる本部長に杉本哲太(43)。また、巨大台風の進行状況やデータを観測する気象庁予報部職員に香椎由宇(21)、篠原祐司(伊藤)の妻に桜井幸子(35)と豪華キャストが顔を揃えた。
(出処 : CINEMA TOPICS ONLINE)

「ベール脱いだ映画「252」に東京大地震の映像」

フランスで開催中のカンヌ国際映画祭会場で行われている国際フィルムマーケットで、伊藤英明(32)内野聖陽(39)が出演のパニックアクション「252-生存者あり-」が注目を集めている。約5分間の予告編を世界初上映。製作元の日本テレビには各国のバイヤーが続々と集まった。

 繁華街に降り注ぐ野球ボール大の雹(ひょう)、地下街に流れ込む大量の水――東京が崩壊していく5分間の迫力映像を、各国のバイヤーは食い入るように見つめた。

 試写後、日本テレビのブースにはバイヤーが続々と訪問。問い合わせが続き、カンヌ入りしている同局の佐藤貴博プロデューサーは「アジアを中心に20カ国以上と公開の交渉中。大忙しです」と、うれしい悲鳴。

 同作は自然災害に立ち向かう人間を描く“ナチュラル・ディザスター映画”。ハリウッドで製作された同系の作品では「ツイスター」「デイ・アフター・トゥモロー」などが全世界で大ヒットしており、もともと人気のジャンル。加えてミャンマーのサイクロン被害、中国・四川大地震に関する報道が続き、各国のバイヤーが敏感に反応。関係者は「CGを使った災害シーンだけでなく、日本のアクションシーンのレベルを世界にアピールするチャンス」と話している。

 気象庁、消防庁が全面協力。それだけに描写はリアル。直下型地震で崩壊したJR新橋駅前の映像は、なじみのある日本人の目にはショックに映るはずだ。映像が初公開されたことで、山田孝之(24)香椎由宇(21)らが出演していることも判明した。日本では12月6日に公開される。
(出処 : Sponichi Annex)

「新橋が壊滅!?「252 生存者あり」の映像・キャストをカンヌでお披露目!」

もしも東京都心部で直下型巨大地震が発生し、さらに史上最大規模の巨大台風に襲われたら――。伊藤英明、内野聖陽を主演に迎え、天災で壊滅状態になった首都・東京を舞台に描くパニックムービー「252 生存者あり」(12月6日公開、水田伸生監督)の映像の一部が、現在フランスで開催中のカンヌ国際映画祭で初公開された。早くも海外の配給会社から問い合わせが殺到しているという。

本作は、天災で大都市・東京が壊滅状態になった時に人々がどう立ち向かうのかを映し出すと同時に、悲惨な現場で命懸けの人命救助にあたる消防救助機動部隊(通称ハイパーレスキュー隊)の活躍を描く。表題は、ハイパーレスキュー隊が「生存者あり」の時に実際に使っている暗号の数字。

今回お披露目された映像では、大地震と高潮による水没で壊滅した新橋駅周辺のオフィス街がリアルに描写されている。さらに、サラリーマンや買い物客で賑わう銀座4 丁目交差点に巨大な雹(ひょう)が降り注ぎ、デパートの時計台が破壊され、交差点では追突事故が発生、パニック状態に陥った人々が一斉に地下鉄の駅構内へ逃げ込むという緊迫のシーンも公開され、ハリウッド映画さながらの迫力映像は現地の映画関係者の注目を集めた。

また、今回の映像公開に合わせて伊藤&内野以外のキャストも発表。伊藤演じる元ハイパーレスキュー隊員・篠原祐司と行動を共にする研修医役に山田孝之、精密機器メーカー社長役に木村祐一、本作が映画初出演の韓国人女優・MINJIは銀座のホステス役に扮する。また、内野演じるハイパーレスキュー隊員・篠原静馬の部下役に山本太郎、上司役には杉本哲太、そして気象庁予報部職員役で香椎由宇、祐司の妻役に桜井幸子と豪華キャストが顔を揃え、境遇の異なる人々が過酷な状況に立ち向かう姿を描く。
(出処 : eiga.com)

公開は12月6日。
まだまだ先は長いですね~。もう待ちきれないです。
第2弾のポスターではキャスト陣の姿もあると良いですね。
予告編も早め早めに出してくれたらありがたいです^^



blogram投票ボタン
Share |

Tags : 252   伊藤英明   映画    

    

Comments

Write

サイト管理者にのみ通知する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。