--. --. -- 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


blogram投票ボタン
Share |

 
2008. 04. 30 

SG WANNABE 5集 - My Friend

韓国最高のヴォーカルグループと言われている SG WANNABE の5集がこの度発売されました。
SGワナビーはとにかくほんとに上手くて、内から搾り出すように歌う姿やその歌声が印象的です。
わたしが彼らのアルバムをまともにちゃんと聴いたのは最近で、
一応の日本デビューアルバムである 「I LOVE sg WANNABE+」 でした。
これはファンの投票によるリクエストベスト盤なので、
これぞSGワナビー!という壮大なバラードがほとんどです。

そのせいか、今回の5集はわたしにとって驚きの1枚でした。
タイトル曲の "ラララ" はなんとカントリー!
今までの彼らのイメージは誰がどう考えてもバラード。
なのでカントリーな曲をタイトル曲に持ってくるとは意外でした。
5集全体としても明るい曲が結構目立っていたりジャンルも様々なので
個人的に彼らの新しい色を発見できたなと嬉しい限りです。
どの曲も好きなのですが、"HOW TO LOVE" と "罪と罰 part.Ⅱ" だけは
韓国、あるいは日本の一昔前の歌謡曲を現代風にアレンジしました、みたいな感じがして
どうしても気持ちよく聴くことが出来ないんですよね~。わたしだけでしょうか、、、。
なのでMP3プレーヤーに入れるリストから外してしまいました^^;

ところで、この5集は実は『新生SGワナビー』としての第1弾アルバムです。
チェ・ドンハさんが抜けて、新たにイ・ソクフンさんがメンバー入りしました。
この人の声もすごくすごく良いんです。
SGワナビーは個々の独特な声質も魅力の1つだと思うのですが、
新メンバーのソクフンさんも500倍の競争率を勝ち残っただけあって
このグループに相応しい人だなと思いました。

彼らの有名どころの曲は知っていましたが、彼らについて詳しく知ったのは最近なので
こんなに若いグループだったのかと少々驚いてしまいました。
もう5集だし、韓国最高のって言われてるしベテランだし当然わたしより年上だと思ってました。
でも実際は見事に3人ともわたしより年下だったんですよね~。
キム・ヨンジュンさんとイ・ソクフンさんは84年生まれ、キム・ジノさんは86年生まれです。
ジノさんに関してはこの若さでそんな声を出すか!と。
韓国の人はほんと大人っぽいというか何というか。
そういえばSS501や東方神起なんかも初めて見た時は年上だと思い込んでました^^;
んー、わたしが目悪いだけかも?w

この5集は韓国でも大好評だそうです。
メンバーが変わったことが新たな飛躍のキッカケになれば良いですね。
わたしは過去のアルバムなんかもちょいちょい聴いていきたいなと思います。
通りすがりのSGワナビーのファンの皆さん、オススメなんかがあれば教えてください^^


▼5集のタイトル曲 "ラララ"


▼4集のタイトル曲 "アリラン"


▼2集より "24Hour" (バラードではありませんが個人的に超オススメ★)


blogram投票ボタン
Share |

Tags : 音楽   SGWannabe   K-POP    

    

Comments

Write

サイト管理者にのみ通知する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。