--. --. -- 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


blogram投票ボタン
Share |

 
2008. 02. 07 

怖い怖いスウィーニー・トッド

『スウィーニー・トッド-フリート街の悪魔の理髪師-』
st.jpg

ジョニー・デップとティム・バートン監督のゴールデンコンビの最新作です。
ミュージカル映画です。
ホラー映画です…。

殺人鬼のお話なのでとにかく恐ろしいです。というかグロいです。
大量の血が…。そしてパイ…。(観た人はわかります…)
内容がどうだったかの前に疲れました;
緊張しっぱなしというか。
オープニングからもう怖くて怖くてドキドキでした。
でもちゃんと笑える場面も入れてくれる監督のセンスw
そしてアンソニーのジョアナを想う歌のメロディの綺麗さに癒されました。

面白かったか?と聞かれてもなんと答えて良いか迷ってしまいます。
話の筋は良かったよねとある人が感想を述べているのが耳に入ってはきましたが。
ただ冷静に今振り返ってみると、とても悲しい話だな~と。
実在した人物だというからなおさら。
こんな殺人鬼がいたというのは恐ろしくもあり、でも彼はとっても不運な人間だったんだと。
ラストのシーンはグロいですがすごく悲しいシーンです。

ジョニー・デップの演技はお墨付きですしなかなか良い歌声してます。
そしてゴールデンコンビの作品ということで一見の価値はあると思います。
観る人によっていろいろと感じ方も変わってくると思うので
まだ観ていない方は是非観に行かれてはどうでしょうか。一応覚悟して^^;



blogram投票ボタン
Share |

Tags : 映画   ミュージカル    

    

Comments

Write

サイト管理者にのみ通知する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。