--. --. -- 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


blogram投票ボタン
Share |

 
2007. 11. 30 

そのままそのまま

ワールドカップバレー、最後の3連戦が幕を開けました。
今日は対アメリカ。
アメリカチームは、やっぱり強かった!
でも絶対勝てない相手ではないことがわかりました。

1セット目は良いプレーもあったものの、なかなか日本に流れを持ってくることが出来ず
ダメかー、と思っていました。

しかし2セット目。
これほど興奮するとは想像もしていませんでした。
1回目も2回目もテクニカルタイムアウトを日本が取ったなんて。
すごかったのは、22-24から同点に持っていったこと。
2点差だけどセットポイントを取られてる状態では大きな点差です。
結局2セット目も取られてしまいましたが、本来の日本チームの姿が見れたなと。
レセプションもスパイクもブロックも粘りの守りも、良いところがいっぱい出てました。
つまり、やるべきこと、出来ることをしっかりやれば、アメリカのような強豪にも勝てるんです。

こういうのが面白い試合であり、見る人に感動を与える良い試合なんでしょうね。
コレをそのまま3セット目にも持続して欲しかったし、1セット目からやって欲しかった。
ただ、日本の男子バレーが決して弱くはないということを知ってもらいたいです。
世界の強豪とも同等に戦える力は確かに持っているんです。
その力を安定して出せるようにならなければ!

明日はブルガリア。
同じく手強い相手ですが、今日の2セット目のようなプレーをすれば必ず勝てます。
感動を与える面白い試合をしてください。
がんばれ!!!


blogram投票ボタン
Share |

Tags : バレーボール   松本慶彦    

    

Comments

Write

サイト管理者にのみ通知する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。