--. --. -- 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


blogram投票ボタン
Share |

 
2006. 08. 01 

Cold Case 2-28

2-28 "Who's Your Daddy" ブレスレット
リリーの元を、カンボジア人の少女カーラ・ディエットが訪れる。殺された母スーナリーの物らしきブレスレットがインターネット・オークションで売られているので、出所を突き止めて欲しいと言う。カーラの両親は十数年前に強盗に射殺され、ブレスレットが無くなっていたのだ。カーラに付き添ってきたライル・ブッカーという黒人は、事件の通報者であり、その後 何かとカーラの面倒を見てきていた。リリーは元麻薬中毒のブッカーを怪しむが、ブッカーは純粋な好意からであることを強調する。彼はまた、スーナリーの口元に泥がついていたと証言する。

リリーにとって感慨深いエピソードでしたね。
ブッカーをただの「変態」だと思って疑っていたことに苦しむリリー。
スティルマンの言うとおり、職業病ですよね。
疑いから入らないと刑事は務まらないんじゃないかと...。
そんなリリーを見ていたら私も悲しくなります(ノω・、)
にしても、最後リリーが見ていた写真。
父親は後姿...。悲しい写真でしたね。

英題が"Who's Your Daddy"なので、ブッカーが父親?...なんて事も考えました^^;
でも彼は心からカーラを思っていてまさに父親代わりだったんですね。

スーナリーの夫、サンが働いていた工事現場のボス。アトウォーター。
ひどいヤツ...(-"-;)
女の人にあーゆーことさせるって言うのは、どんな神経?
気持ち悪い...(-"-;)
カーラじゃないけど、「死刑にして!」と言いたい。

PICK UP SONG ♪
オープニングの"Sadness"(Enigma)は有名ですよね。
私も何かのCDで聴いたことあります。
不思議なサウンドでつい聴き入っちゃうんですよねぇ。
エンディングの"Send Me an Angel"(Scorpions)もすごく良い曲。
詳しくありませんが、ロック・バラードはなかなか好きです。


blogram投票ボタン
Share |

Tags : 海外ドラマ   コールドケース    

    

Comments

Write

サイト管理者にのみ通知する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。