--. --. -- 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


blogram投票ボタン
Share |

 
2006. 07. 20 

花嫁は厄年ッ!:第3話

「法事は覚悟しいや」

前回の放送を見逃してしまいましたが、やっぱり結構面白いドラマかもw
篠原さんのはじけっぷりが良いですよね^^
そして私が一番気に入ってるキャラは、片桐桃子。
台詞の言い方とか間とか最高に面白いです。
安土家の人たちは今後も注目ですねぇ。

さて、一郎が遂に戻ってきました。
明子があの手この手を使って一郎の説得に励んでましたね。
"説得方リスト"みたいなメモを明子が持ってましたが、『拉致』って(笑)
お弁当も色仕掛けも、魂胆バレバレでしたけどね^^;
でも明子ががんばったおかげかどうか、一郎は帰ってきました。
一郎と母親との確執も明らかになりました。
死を目前にした父に放った母の泣きたいくらい正直な言葉。
確かにあのシーンだけ見たらちょっと正直すぎて恐いし冷めてるな~と思いますよね。
でも、私はどうしてもまだ続きがあるように思うんです。
一郎は幸恵の言葉を最後まで聞かずに飛び出したのかなと。
まー無かったとしても、お父さんは悲しんでいないような気もしますし。
この部分はまだまだ展開していって欲しいですね。

来週はなんと、映美くららさんが登場!
宝塚時代からすごく可愛い人でしたが、変わらず綺麗で可愛いですね^^
一郎の子供を妊娠だとか...。
波乱の予感。楽しみです♪


blogram投票ボタン
Share |

Tags : ドラマ    

    

Comments

Write

サイト管理者にのみ通知する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。