--. --. -- 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


blogram投票ボタン
Share |

 
2006. 05. 13 

涙が止まりません

公開から1週間。
今日、やっと観て来ました!

『LIMIT OF LOVE 海猿』

号泣っていうもんじゃありませんでした。
顔がぐちゃぐちゃになりました(TwT。)
映画館でこれほど泣いたことはありません。本当に。大袈裟ではなく。
いっぱい泣き所があるのですが、やっぱり一番はあのプロポーズのシーンでしょうか。
おすぎが一番のツッコミ所と言った場面です(笑)
確かにツッコミ所というのは否定しませんが、一番の泣き所というのも事実だと思います。
少なくとも女の子にとっては、環菜の気持ちになって観ると泣かずにはいられませんよね。
とにかく思っていた以上に良くて感激してます☆
やっぱり本物を使うとすっごい迫力です。
フェリーが燃えている映像は本当に恐くなりましたね。
そしてどんな危機が迫っても絶対に諦めないという大輔の姿に素直に感動しました。
最後の最後まで要救助者の2人を守る大輔にまた涙ですよ(ノω・、)
バディである吉岡のことも。
バディが手を握り合うシーンはやっぱり素敵です。

最後まで涙が流れっぱなしだったのですが、エンドロールでもさらに涙が...。
これは映画館に行って観て欲しいですね。
特に映画1から観てる人には。
これで『海猿』が終わるんだなーという寂しさもありましたが、すごく良い終わり方だなと。

また近々観に行きますw
今度はもうちょっと冷静に映画を楽しみしたいと思います。
泣くとは思いますが(笑)


blogram投票ボタン
Share |

Tags : 伊藤英明   映画   海猿    

    

Comments

Write

サイト管理者にのみ通知する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。