--. --. -- 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


blogram投票ボタン
Share |

 
2006. 01. 21 

氷壁:第2話

第2話 「生死」

【 story 】
奥寺(玉木宏)と北沢(山本太郎)はK2マジックラインルートに踏み出す。奥寺は北沢から、妹・ゆかり(吹石一恵)と結婚するよう迫られる。奥寺も北沢に美那子(鶴田真由)への気持ちをただす。奥寺と北沢は、日を追うごとに心をさらけ出してゆく。登頂を援助する用具メーカー社長・八代(石坂浩二)と妻・美那子もK2に思いをはせる。「K2から戻ったら美那子さんをください。」北沢に空港で告げられた一言が八代の心に突き刺さっていた。美那子は、兄・工藤(高橋克実)に北沢の手紙を見られてしまう。そこには北沢の美那子への思いが綴られていた。ヤシロ製登山用具カラビナを作る美那子の兄・工藤は、八代と美那子の夫婦仲を心配する。登攀4日目。標高8000m「三日月のガリー」到達。極端な低酸素で二人の体力は消耗。70メートルもの垂直の氷壁が現れる。そこへ雪崩が襲い北沢は足を骨折する。そこは雪崩の巣だった…。
見ていてすごくツライですねー。
とりあえず恋愛面は印象がかなり薄くなってます。
そんなことはどうでも良いくらい、K2に挑む2人の姿がすごく息苦しくもあり心苦しくもあり。。。
過酷になればなる程、2人の関係・信頼がさらに深まっていったように思います。
「ザイルを切る」と約束はしたけれど、北沢を最後の最後まで助けようとした奥寺の姿に心打たれました。
反対に、八代の息子・智之をぶん殴りたくなりました(;`Д´)ノ-з
会社や自分の地位とか名声しか考えてないことにかなりムカつきました(怒
2人がもう助からない・死んでしまったかもしれないという状況で、「マスコミへの対応はどうしましょう?」だとぉ!?
ほんと嫌です。こーゆー人;
ところで、今回は改めて玉木さんと山本さんの演技に惹き込まれましたね。
撮影が過酷だっただけにとてもリアルで恐かったです。
さて、次回は奥寺の記者会見での発言が大きな波紋を呼ぶようです。
北沢が落ちたことの本当の理由も気になります。
本当にカラビナに原因があるとしたら、カラビナを製作している美那子の兄・工藤も大変なことになるのでは?


blogram投票ボタン
Share |

Tags : ドラマ    

    

Comments

Write

サイト管理者にのみ通知する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。