--. --. -- 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


blogram投票ボタン
Share |

 
2010. 12. 19 

「ジャンヌ・ダルク」 泣きました



■ 出演 : 堀北真希、伊藤英明、石黒英雄、山口馬木也、六平直政、浅野温子、西岡徳馬 他
■ 会場 : 赤坂ACTシアター
■ 日時 : 12月19日 13:00~



東京千穐楽に行ってきました。
素晴らしかったです!

舞台装置やキャストの人数の多さに圧倒されながらも、
ジャンヌやシャルルや登場人物たちのの心の動きもよく読み取れて、
ラストの方では涙も流してしまいました。
死を選んだジャンヌを思って嘆くシャルルを見て思わず(ノω・、)

ジャンヌ役の堀北真希ちゃんは初舞台でしたが、とても良かったです。
あれだけの男性キャストに囲まれながらも全く物怖じせずに役になりきっていて、
存在感もあって、まさにジャンヌダルク同様舞台上でとても頼もしく見えました。

英明さんもちょっと頼りなさげなひ弱~な感じのシャルルを上手く演じていたと思います。
これが2度目の舞台で、しかも初舞台の時とは作品の規模も役柄の大きさも違っていて、
ファンとしては観る前までちょっと緊張しちゃいましたが、
そんなものも吹っ飛ばしてしまうくらい堂々と演技されていて、
これかももっと舞台上での英明さんを観てみたいと思わせてくれました。

その他、ヨランド役の浅野温子さんやラ・トレムイユ卿役の西岡徳馬さんなどはさすがの迫力でした。
そしてコーション司教役の六平さんがこんなに良い声の持ち主だとは知りませんでしたw
滑舌もよく思いのほか澄んでいてすごく聞き心地良かったです(*^ー^)
キャストの皆さんの演技は確かなもので、終始惹き込まれていました。

とにかくあのキャストの人数には驚かされました。
舞台上が大混雑(笑)
舞台自体も特殊だし、全員がしっかりと動かないと将棋倒しになってしまいそうな程。
とても難しいだろうなと思いましたが、だからこそあれ程の迫力が出るんでしょうね。
皆さんの団結力の賜物だと思いました。

普段はミュージカルばかり観ていますが、こういう大作というのも見応えあって良いなと思いました。
もちろん小劇場ものでも面白い舞台はたくさんあると思いますが。
つい昨日観に行った友達が出演していたお芝居は本当に面白かったです。
ちなみに、スプーキーズの「池田屋コント」という作品。
ミュージカルや宝塚に限らず、機会があればストレートプレイも観に行こうと思います。

ともあれ今回の「ジャンヌ・ダルク」は最高でした。
大阪公演が残っていますが、キャスト、スタッフの皆さんにはどうか怪我や病気無く、
無事に千穐楽が迎えられますよう祈っています☆



blogram投票ボタン
Share |

Tags : 伊藤英明   ストレートプレイ    

    

Comments

Write

サイト管理者にのみ通知する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。