--. --. -- 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


blogram投票ボタン
Share |

 
2009. 10. 06 

韓国伝統芸術 『MISO-美笑』

新宿文化センターへ、Korean Musical 『美笑-MISO』 を観てきました!
伝統的な踊りや歌、楽器の演奏などを堪能できるのですが、
ミュージカルということでしっかりストーリーに沿って進んでいきます。
四季を通じて男女の出会い、別れ、そして再会を描いています。

主人公の女の子「ソリ」が冬の雪降るある日に一人の男性に出会います。
春になるとお互いの愛も深まり一緒に花見をしたり、幸せな時間を過ごします。
夏の激しい雨の日、2人に突然の別れが訪れ、その別れが2人の想いをより一層強いものにします。
そして秋、2人は再会し永遠の愛を誓って賑やかな祝宴が繰り広げられます。

簡単にまとめるとこんな感じのストーリーです。
2人の想いを伝統的な踊りなどで表現していくのですが、本当に素敵でした!
とりあえず幕開きのサムルノリからもう血が騒いで興奮しちゃいましたw
あのケンガリの音がたまんないんですよね。
ほんとはもっとチャンゴの音が聞けたら良かったんですけどねー。
そして踊り。
太鼓を使ったものや扇子を使ったものなどいろいろあります。
何よりもチョゴリの美しさを改めて実感しました。
ほんとに色鮮やかで回る時に揺れる感じとかすごく可愛いし、
やっぱりチマチョゴリって素敵だなと誇りを感じました。
踊りでもう一つ重要なのは表情ですよね。ソリ役の方がほんとに可愛かったです。
特に再会した後にイチャイチャするところ(笑)とか幸せいっぱいでしたw
今回は出番がちょっと少なかったパンソリもほんと素晴らしいです。
独特の声の出し方ですが、耳に心地良いんですよね。
わたしが特に期待していたサンモ。
帽子のてっぺんに細い棒が付いてて、その棒の先に白いリボンのようなものが結ばれていて、
それを頭を使って回すというものです。
ってこんな説明じゃ全くわからないと思います(^▽^;)
↓の動画がサムルノリのサンモです。(ちなみにカンカン叩いてるのがケンガリです。)


話は戻って、再会後の結婚式、そして祝宴の一連の場面が特に楽しかったです♪
途中お客さんを舞台に引っ張りあげて一緒にパフォーマンスしたり、
「オルシグ!」、「チョッタ!」という掛け声も客席みんなで言ったりw
とりあえずわたしが観たかったものは一通り揃ってて満足満足でした。
サムルノリのケンガリやサンモ、踊り(特にオゴム)、パンソリと見所満載。
一番最後にはアリランも歌われて、思わず一緒に口ずさんじゃいました。
前から4列目でちょっと近すぎたかなーとも思いましたが、
チョゴリの綺麗な模様や踊り手さんたちの表情がはっきりと見えたので良かったです。
民族楽器の音色と踊りを見ていたら、
わたしもオッケチュム(肩を上下に揺らす伝統的な踊り)が踊りたくなりましたよw
今日と明日の2回しかやらないのがちょっと惜しいですね。
もっと宣伝もしていろんな人に見てもらいたいのに。

劇場で売っていたパンフレットは、公演DVDが付いてなんと1000円!
最初はダイジェスト版でしょーと思ってたのですが、観てみたらフルで入ってる模様。
ただ、わたしがもらったのはディスクにキズが入ってしまってて途中フリーズしちゃいました;;
ちょっとショックです。
まー公演自体は本当に素晴らしかったので良しとしますw

キズではなくてディスクが入っていた袋の糊が付いてしまっていたみたいで、
それをキレイに取り除いたら全部ちゃんと見られるようになりました。良かったw
さて、YouTubeで検索したらいろいろ出てくるので気になった方は一度見てみて下さい☆



blogram投票ボタン
Share |

Tags : ミュージカル   韓国   美笑    

    

Comments

Write

サイト管理者にのみ通知する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。