--. --. -- 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


blogram投票ボタン
Share |

 
2009. 09. 20 

The Spirit of Togetherness

ミュージカル 『ウモジャ The Spirit of Togetherness』

umoja.jpg

■ 会場 : 赤坂ACTシアター
■ 日時 : 9月20日 13:00~



アフリカミュージカル『UMOJA』を観ました。
もうほんと~~~~~に楽しくてあっという間に時間が過ぎちゃって
もっともっとあの空間にいたくてとにかく楽しかったです(≧∪≦*)

どんな風にリズムが生まれ、どんな風に音楽が生まれたか。
語り部によってアフリカの音楽の歴史が語られていくそんな構成でした。
音楽という音楽を堪能できました。
ジェンベなどのアフリカのドラムにマリンバ、パワフルなダンス、
そしてアフリカの伝統的な音楽に始まり、ジャズやゴスペル、クワイトなどなど、
音楽のルーツを知ることが出来る内容の濃い、文句なしに楽しいミュージカルでした。

でもただただ楽しいだけではなく、南アフリカの暗い歴史にも焦点があたっていました。
アパルトヘイト時代や「非白人用の通行証」を意味するドン・パスなどのような差別の数々。
そんな中で彼らは音楽に希望を見出し、音楽が生きがいだったのですね。
踊ったり歌ったりしてるところに警察がやってきて何人かを連行していくシーン。
その後に歌われる歌は悲しくもあり、差別に対して反抗する強さも感じられて、涙が出てきました。

そんな悲しい涙もありましたが、純粋に感動して涙が込み上げてくることが多かったです。
とにかくすごいんですよね。
声量も声の質も、身体能力も、まさにDNAが違うというか、パワフルで圧倒されます。
ゴスペルのシーンはほんとにやばかったです。
Amazing Grace に I Have A Dream、Oh Happy Days など有名な曲も歌われてたし、
ハレルヤとかアーメンとかいう歌詞が多かったのですが、終始ウルウル状態でした。
とにかくパワーと迫力が違います。

あと特に気に入ったのは、シェビーンのシーン。
シェビーンはもぐり酒場の一つで、そこではジャズの音楽が溢れていました。
ジャズダンスはやっぱり楽しいです。
高度なリフト技も披露されたりして会場内も盛り上がってました。

というかずーっと盛り上がりっぱなしなんですよねw
南アフリカの伝統的なダンスの数々、鉱山で働く男たちから生まれたガムブーツ・ダンス、
力強いドラムにマリンバ、ジャジーなサックス、そして様々なジャンルの音楽。
飽きるわけが無い!
言いたいことはいっぱいあるのにどう書いていいかわかりません(^▽^;)
どれだけ楽しくて素晴らしい舞台だったか上手く伝えられないので残念です。
とりあえず、 素 晴 ら し い ん で す !!! 最 高 で す !!!

そういえば、最後に簡単に挨拶をしてたのですが、
日本語で軽く一言言った後、「ありがとうございました」と言うべきところで、
何故か「カムサハムニダ」と(笑) 韓国語?!
会場中が一瞬ビックリしてました。 可笑しかったですw
韓国では2007年に公演してますね。2009年に入ってもやったのかな?
同じアジア人で顔立ちも似てるからついつい間違っちゃったのかも( ̄∇ ̄)

公演は23日までです。
ちょうどシルバーウィーク期間中の公演なんですね。
チケットはまだ残ってるみたいでした。
わたしは今帰りに買ったサントラを聴いています。
その内我慢できなくなってDVDも買っちゃうかもしれませんw
来年でも再来年でも、また来日して欲しいです(≧∪≦*)



blogram投票ボタン
Share |

Tags : ミュージカル   UMOJA    

    

Comments

Write

サイト管理者にのみ通知する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。