--. --. -- 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


blogram投票ボタン
Share |

 
2009. 09. 06 

『サマーハウスの夢』 千穐楽

summerhouse.jpg
ロンドン郊外の大富豪ハクスタブル邸。長女アマンダの元・夫で売れない画家のロバートは、裏庭のサマーハウスに、再婚したアマンダが新婚旅行で留守にする間だけ住まわせて貰っていた。アマンダ夫婦が急遽帰ってくることになり、屋敷を追い出されることになった失意のロバートが泥酔し、自分の描いた『美女と野獣』の挿絵・ベルに歌いかけると、目の前にベルが現れ……。現実と物語の世界が混ざり合うなか、それぞれの恋の行方は!?
日常の中でその存在が近いがゆえにおろそかになったり、受け取ることができないでいる身近な人への愛情を描くユーモアたっぷりの音楽劇。ファンタジックでキュートな恋の物語。

前回観た時よりもストーリーもわかり易く感じたし一人一人の心がよく見えた気がしました。
キャストの皆さんの演技は申し分なしだし、前回よりもいっぱい笑えましたw
メル役の山田里奈さんは歌が上手くなったように感じました。
そのせいか畠中さんとの最後のデュエットもより一層感動しちゃってウルウル(ノω・、)
あと米谷さん。前は裏で歌ってた高い部分のキーを今日は地声で歌ってたりして迫力が違いました。
畠中さんとほのかさんはほんと~~~に聴き惚れちゃいます。
お二人とも美声の持ち主なので聴き心地良い~~~んです♪
今日はベルの歌で、現実の世界の醜さを歌うところがすごくズシンと心に響きました。
ちょっと涙出そうになりました。

畠中さんに関して。
歌だけではなくて、演技もダンスも出来る方なんですよねぇ。
ダンスはちゃんとしたものは今回無いんですけど、腰の動きは完璧でしたw
演技は台詞回しだけではなく、リアクションとか何もしてない時の佇まいとか、
細かいところもすごく丁寧に作り上げていて、ライトがあまり当たって無くても目が放せません。

東京は今日で千穐楽ですが、これから地方公演です。
畠中さんとはしばしのお別れ。
次は笹塚ファクトリーでのストレートプレイですが、
それまではサマーハウスの長~い余韻に浸って楽しみに待ちたいと思います。
というか今何よりも楽しみなのはTSの『ガランチード』ですけどね。



blogram投票ボタン
Share |

Tags : ミュージカル   畠中洋    

    

Comments

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Write

サイト管理者にのみ通知する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。