--. --. -- 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


blogram投票ボタン
Share |

 
2010. 08. 26 

第二部 「ミストスピリット」

※ネタバレ注意※



読み終えて大分経ちましたが今更ながら感想を。
待望の第二部で期待も高かったのですが、その期待を裏切らない面白さ。

第二部では、さらに力を増していくヴィンと、
国を統治していくのに苦心するエレンドの姿を中心に描かれています。
この二人ほんと大好きです。
男女間の関係において、女が守り男が守られるというのはなかなか難しい関係性ですが、
そういうことも乗り越え遂に結ばれた二人。
霧の落とし子でエレンドの腹違いの兄弟でもあるゼインに惑わされそうになりつつも、
住む世界は違えど自分のエレンドへの愛を信じて結婚の申し込みを受け入れたヴィン。
ヴィンがゼインと生きる道を選んじゃうんじゃないかとヒヤヒヤしましたw

二人を始め登場人物はみんな気に入っていますが、特にカンドラのオレ=スーンが良いです。
結局は犬になった時から既にオレ=スーンではなく、
ゼインと契約を結びスパイをし続けていたテン=スーンだったわけですが・・・。
それでも長い間ヴィンと過ごしてきて絆が生まれたことは事実で、
最後は主人であるゼインを裏切ってヴィンを助けてくれたことに感動。
きっと助けてくれると思っていましたが( ̄∇ ̄)
テン=スーンはいったん故郷へ帰っていきましたが、第三部でまた登場してくれるでしょうか。

そしてもう一人忘れてはならないのがセイズド!
なんていうか、ほんと素敵な紳士って感じで大好きですw
今回セイズドは2回ほど死にそうな場面があってドキドキしましたが、
一度目はコロスにやられそうなところをヴィンに助けられ、
二度目はマーシュに殺されそうになったところをハムに助けられましたね。
セイズドが死んじゃったらほんと悲しいです;;
ヴィンとエレンドについてすっごい素敵な言葉も言っていて、感動してウルウルしちゃいました。
さらにはティンドウィルの愛。
彼女を失った後のセイズドのようすは読んでいて悲しくなりました。
セイズドもまた、この第二部で怒涛のような人生を歩んでいるなと感じました。

この第二部で大きな脅威の一つであるエレンドの父ストラフ。
振り返ってみると、本当に孤独な人だったなと。
息子であるエレンドやゼインからも見放され、
終いにはいつも頼りにしていて当たり前のように裏切るはずないと思っていた、
愛妾のアマランタにも裏切られて麻薬漬けにされる始末。
そして最後はヴィンにあっけなく殺されて・・・。
その死に方が思いのほかあっけなくてちょっとウケました(笑)
ヴィンとじっと対峙することもなく最後の会話をするでもなく、あっさりと殺してしまいました。
でもこういう最期がストラフのようなヤツにはお似合いなのかもしれませんね。

なかなかのどんでん返しもあってちょっとビックリ。
力を解放しなきゃいけないと思ってずっと即位の泉を目指していたのに、
それが全部罠で、実際は解放してはいけないものだったなんて。
泉ではエレンドが死にそうになるし。
最後の最後でなんで?!って「うそうそ!やだやだ!」って(もちろん心の中で)叫んじゃいました。
でその後にまた意外な展開が。
エレンドが霧の落とし子になっちゃったー!w
でも第三部に向けてちょっとワクワクするような展開でわたしは嬉しい驚きでした。

3巻目が特に怒涛の展開で一気に読んでしまいました。
1巻よりも2巻、2巻よりも3巻という風にどんどん面白くなっていきます。
いろんな疑問が次々に生まれて、それが3巻でどんどん解明していくんですよね。

第三部は霧の落とし子になったエレンドとヴィンとその仲間たちが、
解放してしまった驚異とどう戦っていくかが見所ですね。
9月から発売開始なので楽しみにしています。

ブランドン・サンダースン、お気に入りの作者です。
第一部の「ミストボーン」はもちろん、別作品の「エラントリス」もオススメです☆

スポンサーサイト


blogram投票ボタン
Share |

Tags : 小説   ファンタジー   ミストスピリット   ブランドン・サンダースン    
2010. 08. 15 

号泣 「タン・ビエットの唄」


tan2010_topbnr.gif


■ 出演 : 安寿ミラ、土居裕子、畠中洋、吉野圭吾、宮川浩、駒田一、戸井勝海 他
■ 会場 : 東京芸術劇場
■ 日時 : 8月15日 13:00~



良い役者。
良い音楽。
良い作品。

こんなに号泣したミュージカルは正直初めてでした。
実はこの作品は2度目ですが、前回は泣いた記憶がありません。
何故なのか理由はわかりませんが、前回観た時からわたしの中で何かが変わったせいでしょうか。

題材はベトナム戦争。
その中で離れ離れになった姉妹の話。
前回の観劇時は愛華みれさんがフェイを演じていました。
今回は安寿ミラさんのフェイです。
タモさんファンには失礼ながら、圧倒的に安寿さんのフェイが良いです。
個人的に歌唱力が好き嫌いの判断要素の90%を占めているので。。。

が、歌唱力で言うなら土居さんの右に出るものはいないですね。
一体何者?って思ってしまうほど素晴らしい歌声で、す~っと心に響いてきます。

ティエンとフェイの姉妹のシーンは技術的になかなか難しいことをしていましたね。
会話は土居さんと安寿さんがしているのですが、
実際に土居さんと目を合わせて絡んでいるのは子供時代のフェイ。
その子供時代のフェイを演じた長尾純子さんが安寿さんの台詞に合わせて動くんですよねー。
しっかり合っていたので、とても良い演出でした。

男性5人衆も素晴らしかったです。
それぞれがそれぞれの役でしっかり息づいていて、誰のシーンも見応えがありました。
その中でも特に心打たれたのが、トアン(畠中洋)とハイン(吉野圭吾)の場面。
二人ともまさに迫真の演技でまばたきすら出来ないほどでした。
会場中が二人の演技に集中していました。その時の会場の空気もすごかったです。
そしてその二人の台詞と歌でのぶつかり合いが終わった途端、我慢していた涙が。。。
言い合いを終えた後、しばらく息をはずませる二人。
身動きせずに見守るシーンと静まり返った客席。
こんなの今までミュージカルを観てきて初めての経験でした。

この時にわたしの涙腺は崩壊し、以降の場面ではもう涙が止まらない状態。
客席のいたるところでも鼻をすする音が聞こえていました。
最後、フェイとタオが出会うところでも唇を震わせながら泣いちゃいました。

悲しいけど、とても素晴らしい作品です。
こういう作品で空席があるのはちょっと残念ですね。
わたしがとにかく大好きな「ニュー・ブレイン」は好き嫌いがあるのもわかりますが、
今回の「タン・ビエットの唄」は誰が観ても考えさせられるし心に深く響くと思うんですけど。
わたしはもともと、明るくてハッピーエンドで楽しいミュージカルが好きですが、
この作品はわたしのお気に入りミュージカルの仲間入りです。

さて今日は東京の千穐楽。
たったの3日間しか公演してませんけどねw
千穐楽なのでキャストの皆さんの挨拶つき。
畠中さんは相変わらずこういうのはあまり得意ではない様子でw
もちろん畠中さんの歌声もすんばらしかったですよ♪
演技でも歌でも本当に魅せてくれる人です。

東京は終わりですが、あと14ステージ残っているようです。
身体的にも精神的にもかなりキツイ公演ですが最後までがんばって欲しいです。
多くの人にメッセージが伝わりますように。



blogram投票ボタン
Share |

Tags : ミュージカル   畠中洋   吉野圭吾    
2010. 08. 03 

35th Happy Birthday

伊藤英明さん、誕生日おめでとうございます!!



遂に30代後半に突入☆
思えば、『THE LAST MESSAGE 海猿』(ラス猿)は去年の8月3日にクランクインしたんですよね。
今日映画が公開されたらすごく素敵だったのに~w

お仕事はお仕事で充実してるしこれからもがんばって欲しいのですが、
英明さんはとても顔が広く、いろいろな方と交流があります。
お友達と楽しく過ごしている様子もファンとしてはなかなか嬉しいことなんですよね。
なのでプライベートももっともっと楽しんでもらいたいと思っています♪

今年はとりあえず『ラス猿』の公開年で、何よりもまずこれが今年の一大イベントです。
そして12月には久しぶりの舞台が待っていますね。
その間にドラマでも1本出演してくれたらという個人的な希望があります( ̄∇ ̄)

まー、英明さんは周りが何と言おうと自分を貫いていくタイプだと思うので、
これからも自由に流されずにらしく生きていって欲しいです(*'ー'*)

自分何様って感じですけど、ファンというのはそんなもんです(笑)
これからも着いて行きます!!!

最後にもう一度。

★ HAPPY BIRTHDAY TO HIDEAKI ★



blogram投票ボタン
Share |

Tags : 伊藤英明    

    



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。