--. --. -- 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


blogram投票ボタン
Share |

 
2010. 02. 13 

Gregory Lemarchal

今日、なぜか思い立ってフランスの音楽をいろいろと漁ってました。
もともとフランス語の響きは好きで、ミュージカル『十戒』のサントラは死ぬほど聴いていました。
でもフランスのポップスには興味がわかなくて今までしっかりと聴いたことが無かったんです。
今日いろいろと調べて、いろんなアーティストの曲を聴いてみて、
どんなジャンルの歌でもやっぱりフランス語って聴いてて落ち着くと改めて感じました。

そこで今回紹介したいのが、Gregory Lemarchal(グレゴリー・ルマルシャル)です。
フランスのオーディション番組『Star Academy』シーズン4の優勝者です。
フランスのアマゾンで好みの歌手がいないかと手当たり次第探していてヒットしたのがこの人w
とにかく歌声がキレイ。
1983年5月13日生まれでわたしと同い年だということもあり完全に好きになりました。
どうして同い年の人を見つけると親近感がわくんでしょうね(笑)

しかし、とても悲しいことに、彼は2007年4月30日に先天性の難病でこの世を去っていました。
誕生日を目前に、わずか23歳という若さでした。
その難病というのは、嚢胞性線維症という完全な治療法が見つかっていない遺伝性の病気。
寿命は30代。特に白人の発症者が多いということです。
彼は生後20ヶ月の時に発症し、この病気と闘いながら歌手の夢を追い続けてきたそうです。
そして遂に Star Academy で優勝し念願のデビューを果たし、ライブも行うことが出来ました。

わたしが今聴いているのは2009年発売の『Rêves』という最新アルバム。
今までのアルバムの集大成+未発表曲2曲という構成です。
他に、生前に発表された『Je Deviens Moi』とライブアルバムの『Olympia 2006』、
そして亡くなった後に発表された『La Voix D'Un Ange』の3枚のアルバムがあります。
本当に、天使の歌声という言葉が合っているなと感じます。
今は彼の曲を聴きながら少し悲しくもなりますが、
自分の寿命を知りながらもひたすら夢を追い続けた彼の姿が澄んだ声に表れているようです。

まだ『Rêves』以外のアルバムは聴けていませんが、ぜひ集めたいと思っています。
ほんとに、こんな素晴らしいアーティストを失ってしまったなんて、惜しくてなりません。
彼のキレイな歌声と美しいフランス語の響きは聴いて損はありません。とにかくオススメです。

A Corps Perdu のPVです。


そしてわたしが特に好きな Même Si というデュエット曲のPVも。
Lucie Silvas feat Gregory Lemarchal - Meme Si

スポンサーサイト


blogram投票ボタン
Share |

Tags : 音楽   GregoryLemarchal    

    



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。