--. --. -- 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


blogram投票ボタン
Share |

 
2009. 06. 30 

女魔術師ポルガラ

※ネタばれ注意※

  

遂に、ベルガリアード・シリーズを読み終えました。

最後にあたる『女魔術師ポルガラ』は、今までとは全く違う世界が描かれていました。
ポルガラがどれだけ世界に、人々に影響を与えていたかがよくわかります。
これだけすごい人は他にはいないんじゃないかと思わせる程ですw

ポレドラがあんなに頻繁に、簡単にポルガラと意思を通わせていたとは驚きでした。
ベルガラスはずっとポレドラのことで苦しんでいたにもかかわらず、
ポルガラが母親が実際には死んでいないことを初めから知っていたんですね。

ポルガラとは切って切れない関係のベルダラン。
彼女との別れの場面は悲しすぎました。
自分の意思をもって最後までベルダランを助けようとする姿に号泣でした;;
どれだけ引き留めたいと思っても、ウルには抵抗出来るはずもないですよね。
このシリーズの中でいろいろな別れがありましたが、
これほど悲しくて泣いたのは初めてでした。

ポルガラ目線の物語はほんとに新鮮です。
今まで全く知らなかったことを知ることが出来ます。
その中で重要なのは、ポルガラがアレンディアをまさに牛耳っていたことでしょう。
ポルガラにとってアレンディア、というか今は無きボー・ワキューンは、
<谷>に次ぐ第二の我が家という感じですね。
センダリア人の気質を作り上げたのもポルガラだったということが面白い驚きですねw

物語を読み進めて、ポルガラがどんなに辛い人生を歩んできたかわかるような気がしました。
一人、また一人と大切な人を失っていくのは普通ならとても耐えられるものじゃないですね。
別れが訪れるたびに打ちひしがれて、責任によって自分を奮い起こす。
ポルガラのような強い精神力がなければ耐えられないことだと感じました。

その中でもアレンディアでの数々の別れはポルガラにとって辛かったでしょうね
キレーンにアスラナに結婚まで誓ったオントローズ。
わたしは特にキレーンの死に際の台詞にも耐えられず号泣してしまいました。
ドラマとしてはベタな場面かもしれませんが、やっぱり泣いちゃいました。

オントローズとの恋バナは、ポルガラのイメージをガラリと変えてしまうほどでした。
少女のように恋に勤しむポルガラの姿が可愛すぎでしたね(*'ー'*)

父親であるベルガラスとの関係もすごくよく描かれていました。
とにかくポルガラはベルガラスを酷く言ったり見くびったり信用していなかったりしてて、
もうちょっと優しくしてあげても良いのにと読みながら何度も思ったりしました(笑)
でもそういうことが見せかけで、本当は愛してもいるし尊敬もしているのがよくわかります。
一番の最後の部分でそれがはっきりと書かれていましたね。
ポルガラが父親のことを愛しているのだとはっきりと自覚し、喜びの涙を浮かべるんです。
わたしも同時にウルウルしちゃいました(T-T )
セ・ネドラも同じところで感動したようですが、誰もがそうだと思います。
ガリオンに乳を与えていたあの山羊がポレドラだったとは想像も出来なくて驚きましたがw

正直、『魔術師ベルガラス』よりもこっちの方が楽しかったように思います。
知らなかった裏の世界を知るのはいつでも楽しいことですけどね。
この物語を読んで、『ベルガリアード物語』に始まる一連のシリーズの中で、
女性(ポルガラだけではなく)がどれだけ重要な役割を担っていたかがわかります。
『ベルガリアード物語』を読んでる時点ではっきりしていたことですが、
デイヴィッドの妻、リー・エディングスが共に物語を書いていたことがその理由だと思います。
女として共感できるところも多いし、だから女の人が読んでもすごく楽しめると思うんです。

つまりは、老若男女全ての人にオススメ出来る物語かと☆
『ベルガリアード物語』からこの『女魔術師ポルガラ』まで、16冊の長編シリーズですが、
読んでハマったら一気に読み進めてしまうので、まだ未読の方はぜひぜひ(・∀・)
わたしもいつかまた最初から読みたいと思います。

スポンサーサイト


blogram投票ボタン
Share |

Tags : 小説   ファンタジー   ポルガラ    
2009. 06. 29 

デコDSiカバー到着

まだ DSi は買っていませんが、、、
オーダーして置いたカバーが今日届きました(*'∇'*)
アーガイル柄でピンク系でシンプルにと注文したのですが、
最初に送って頂いたイメージ画像がわたしのイメージとちょっと違ったので、
何度かメールのやり取りをして、最後には思い通りのものを作ってくださいました!

こんなんですw
090629_1823~0002
090629_1820~0002

サイドもきっちりびっしり☆
090629_1822~0002

Honey Be! さんで作ってもらいました。
こちらはアクリルストーンを使用しています。
デコはスワロフスキーを使うことが多いのですが、それだと値段がね.....(^▽^;)
どこか安いとこ無いかな~と探していて見つけたのがここでした。
安いけどすごく丁寧で可愛いくデコってくれるので、
初体験でしたが思い切ってオーダーすることにしたんですw
正解ですね。大正解。
わたしのわがままも快く聞いてくださって、親切に対応してくださいました。

さて、これ実際手に取って見ると、想像以上にキラッキラしてます。
スワロじゃなくても十分過ぎるくらい十分な輝きよう。
¥3500でしたが、スワロで作るとなると¥10000は軽く越しちゃいますからね。

Honey Be! さんのブログでこのデコケースが紹介されているので覗いてみてくださいw
写真の撮り方が違うので色がかなり違って見えますが、同じもの(のはず)です。
試行錯誤しながら...アーガイル柄の設計図製作★ 基本のアーガイルVSハートのアーガイル

ケースだけ持っててもしょうがない。
早く DSi 買わないと!(*≧∀≦)



blogram投票ボタン
Share |

Tags : DSi    
2009. 06. 29 

安らかに

マイケル・ジャクソン死去についてのニュースが連日放送されていますね。
その時に流れる曲の数々。
とても耳慣れた曲がほとんどです。
マイケルの曲は熱狂的なファンだけじゃなく、世界中の人に愛されてます。
わたしも有名な曲しか知りませんが、
耳に入ってくる彼の曲は、どれも否定出来ない素晴らしさを感じます。
彼自身に関しては、ゴシップで目にするのがほとんどだったような気がしますが、
彼の楽曲から彼自身のメッセージが痛いほど伝わってくるし、偉大過ぎるのもあって、
他のいわゆるセレブたちと一緒にするのはどうしても出来ませんでしたね。
マイケル・ジャクソンはあくまでマイケル・ジャクソンという枠の中にいるというか。

亡くなってからは世界中で追悼番組だとか特集などが多く放送されています。
この反応で、彼がどんなに愛され多くの人に影響を与えていたかがわかりますね。
ほんとに苦悩の連続だったと思います。
安らかに眠れることを願ってやみません。

わたしが幼い頃から一番聴き、そして歌ったマイケルの曲。
"Heal The World"
子供が戦争を止めさせる。武器を捨てさせる。
子供たちのために戦争をやめようというメッセージが込められています。



Rest in Peace.....



blogram投票ボタン
Share |

Tags : マイケル・ジャクソン   音楽   PV    
2009. 06. 27 

もっとがんばれ!

ワールドリーグ2009、対キューバ戦です。

全体的な感想は、「なーにやってんだよー」っていう感じでしょうか。
1セット目の途中までは、これなら点差付けて勝てるなと思ったのですが、
後半に崩れ始めてセットを取られて、2セット目は完全にやられて
3セット目もずるずると引きずってミス連発でストレート負け。

おいおい.....。

キューバはまだ粗削りなチームだと思ってましたが、
考えていた以上に正確なプレーで安定していましたね。
若いのにすごいです。

日本は、やっぱりコートの中がゴチャゴチャしてますね。
なんでしょうねぇ。
気持ちが一つになっていないんでしょうか。
わたしはブルガリア戦を見ることが出来なかったのですが、
アウェーで強豪に勝ったということがチームにものすごく良い影響を与えたと思うんです。
その後の試合がコレ?という、ちょっと失望感が...。

とにかくミスが目立ちましたね。
特にサーブ。
良いサーブ打てるのは知ってるんです。
でもことごとく正確性が無いんでは意味ないですよね。
3セット目は特に酷かったです。
高さではどうしたって勝てないんだから、サーブで崩していかないと。
あとサーブレシーブもなかなかボロボロでしたね。
ほんとに、気持ちが全く見えてこない試合でした。つまらん。

それから、センターを何故使わない!
サーブレシーブがちゃんと返らない時はしょうがないけど、
しっかり返った時にシャットされても良いからセンターを積極的に使うべきだと思うんですよね。
逆に相手のセンターにやられまくってましたし。

課題多し(-_-;)

米山くんは今後期待ですね。
いろんな状況に臨機応変に対応出来るタイプで、こういう存在は大切だと思います。
あと今日は福澤くんが調子良かったみたいです。
でもまだ越川くんや石島くんのような影響力が無いように思います。

チームを引っ張る絶対的な存在がコートにいないとダメみたいですね。
とにかく試合を重ねながら若い力を育てて、課題を一つでも多く克服して、
もっともっと強いチームになってくれることを願ってます。
ちなみに、わたしの中で日本のチームに望む第一の課題は、やはり「正確性」ですね。



blogram投票ボタン
Share |

Tags : バレーボール   ワールドリーグ    
2009. 06. 27 

魔術師ベルガラス

※ネタばれ注意※

  

『魔術師ベルガラス』(全3巻)読み終わりました。
ベルガラスの視点からというのがとても新鮮でしたね。
語り部らしく、普通に語って聞かせてくれてる感じで楽しかったです。
時々よこやりを入れる誰かに向かって応対してる台詞がそのまま書かれていて面白いですw

ポルガラとダーニクの双子の誕生を祝福した神々が去ってベルガラス、ガリオン、ダーニクの3人が
小屋で話をしている内に、ベルガラスの今までの経験を本にしたらどうかと
ガリオンが提案するんですよねー。
そこからベルガラスの何千年にも及ぶ人生が語られることになるわけです。

話はベルガラスの少年時代からガリオンが生まれ、ファルドー農園に引っ越した所まで。
『ベルガリアード物語』よりも前の話ですが、
順序としては先に『ベルガリアード物語』を読んだ方がより楽しめますね。
出来れば『マロリオン物語』も。
ベルガラスが過去のことを思い出しつつ書いているのでネタばれもありますし。

大きな見所(読み所)としては、トラクが世界にヒビを入れてしまうところとか、
ボー・ミンブルの<光の子>対<闇の子>の戦いとかが挙げられますが、
アルダーの弟子兄弟たちの話とか、ポレドラとの出会いやポルガラとベルダランの誕生とか、
歴代のリヴァ一族の様子とか、言ったらほんとに全てが読み所なんですよね。
<予言>にある<案内人>や<馬の首長>などのガリオンの最初の仲間たちを
誕生させるためにベルガラスがかなり努力したことも伺えます。
何世紀、何十世紀を経てようやくガリオンの誕生が間近に迫り、
シルクやバラクやヘターたちがこの世に生まれてきた辺りは、わたしもベルガラスと同じように
すごく興奮して、おーいよいよだー!なんて心の中で密かに思ってましたw

ここでは悪役さえも何だか懐かしい感じがしました。
ベルゼダーはなんか、一番可哀想な人物でもありますね。
本気でトラクの弟子になりたかったわけじゃないけど、意思が弱かったんですねー。
彼はベルガラスやベルディンには到底敵わないですね。
でもほんと可哀想に思えてきてしょうがないです(^^ゞ
チャンダー(アシャラク)は許せるヤツじゃないけど、久しぶりに名前を見たせいか、
ただただ懐かしいなーとw
やってることは極悪非道の何者でもありませんが。

一つ驚いたのは、ポルガラが一度結婚を本気で考えていたということです。
しかもマンドラレンと同じ口調のボー・ワキューン人!
わたし的にはこの種族の人と一生を共にするなんて考えられないですね。
あの口調で毎日話しかけられたらたまったもんじゃないです(^▽^;)
ポルガラにはダーニクだけがそういう相手だと思ってたので意外でした。

そのダーニクは一瞬しか登場しませんでしたね。
どこかの鍛冶屋に弟子入りしているところにベルガラスがちょっと寄っただけ。
ファルドー農園でのポルガラとダーニクの初対面の様子は残念ながら描かれませんでした。
ポルガラとガリオンがファルドー農園に引っ越してベルガラスがそこに向かったというところで
終わってしまったのが惜しかったです。
エピローグでのセ・ネドラと同じように、尻切れトンボな感じがしました。
でもこのエピローグから『女魔術師ポルガラ』に続いていくわけですね!
ポルガラ目線の話も大いに期待です。
<予言>の声からどんな指示を受けてどんな活動をしていたのかも気になります。
リヴァの一族を育ててきた経緯も悲しい部分も多いと思いますが、楽しみです。



blogram投票ボタン
Share |

Tags : 小説   ファンタジー   ベルガラス    
2009. 06. 22 

マロリオン : 宿命の子ら

※ネタばれ注意※

マロリオン物語(5)宿命の子ら 

とうとう読み終えてしまいました。
まだ『魔術師ベルガラス』と『女魔術師ポルガラ』が残ってるとは言え、
物語としては終わりを迎えたので、満足してますが、寂しい気持ちもあります。
感想です。

途中ひょんなことで仲間入りした雌狼がいました。
これも<予言>通りの出会いだとは思ってましたけど、
読み進めていくうちに、これもしかしてポレドラ?と思い始めました。
結局ポレドラだったのですが、ガリオンだけは気付いていましたね。

<もはや存在しない場所>のコリムに行く直前に立ち寄ることになったダル・ペリヴォー。
ここにいる人たちはミンブル人とダル人の混血だそうですが、
ミンブル人色が濃いようで、喋り方がマンドラレンと全く同じなんですよねー。
わたしはマンドラレンの口調の訳し方があまり気に入ってませんでしたが、
アステリグ男爵やオルドリン王、さらにこの国の流儀に従ってガリオンやザカーズまでもが
ござる口調で話すもんだから、嫌でも慣れてしまいました(^▽^;)
なんというか、例えるならシェイクスピアの劇でも見ているような感じでしたね。

遂にシルクがリセルへの思いをガリオンに素直に(ストレートに)明かしました。
思わずニヤッとしてしまいましたよ。
「好きすぎる」とか「惚れてる」とか、そんな台詞がシルクの口から出るとは(゚m゚*)
結局リセルとめでたく結婚する運びになりましたね。(リセル主導のもと?w)
さらにベルガラスが、ザカーズに必要なのは妻だと言ってましたが、
彼も無事に妻をゲットw
相手はもちろん女予言者シラディスです。
シラディスは予言者なのでもちろんザカーズの妻になると知っていたはずです。
それを思わせる台詞も何度か言ってましたしね。
イメージとしては正統派の美男美女カップルって感じですねw

<予言>で、仲間の内一人が死ぬということでしたが、
それはなんとトスでした。
トスだなんて思いもしてなかったので、ビックリして思わず手で口を押さえてしまいました。
悲しかったです;;

そしてガリオンの後を継ぐ<光の子>はやっぱりエリオンドでしたか。
エリオンドはもうずーっと知っていたのですね。
不思議な子ですが、未来の<光の子>ならあり得ることだったんですよね。
そしてアンガラクの新しい<神>に。
というかエリオンドの魂はトラクに代わる神として遥か以前から存在していて、
この最後の選択の時のために、ゼダーを見つけ出し<珠>を盗ませたという........。
エディングスの途方も無い想像力・創造力に驚かされます。

トスの葬儀ではまたも号泣。
シラディスが棺台に横たわるトスの額にキスする場面や、
ダーニクがトスの組まれた手を軽くたたいて立ち去る場面を想像すると、
悲しいというか辛いというかある意味感動というか、とにかく涙が出てきてしまいます(TωT)

ここでベルガラス一行以外の周りの人物たちについて。
バラク一行はひたすらガリオンたちを追ってましたねw
偶然にも(実は予言通り)バラクたちが行きたい方向とは別の方向に船が流されてしまい、
まさに最後の選択がされるコリムの珊瑚礁へと進んでいました。
そんなバラクたちを止めようとアンヘグやヴァラナやポレンは必死だったし、
ウルギットたちはちょっと情報が遅れている感じがありました(笑)

ガリオンたちの視点に戻りザンドラマスとの精神的な攻防戦が繰り広げられてる時、
バラクたち一行がほったらかしじゃん!と密かに頭の隅で思っていましたが、
無事にシラディスの最後の選択がなされた後、
バラクの海鳥号がガリオンたちのもとへたどり着きました。
選択が行われた後にガリオンたちの所へやってくることも決められたことだったんですね。
帰る手段として(笑)
奥が深いなー<予言>はw

コリムにはバラクたち一行やアンヘグたちも加わり、
ほぼ全員集合といった感じでとても懐かしい感じがしました。
その後は船で各々の国を回りながら別れを告げていきました。
印象的だったのはベルディンとヴェラの二人。
なんというか、ほんとに素敵なシーンだなーと。
青とラヴェンダー色の鷹が空を舞っていく姿は幻想的でしょうね。

さて最後は子宝の話題でしたw
ガリオンとセ・ネドラには娘が生まれました。
名前はベルダラン。ポルガラの双子の妹から取りました。
そしてダーニクとポルガラにも!しかも双子!
エリオンドやウルを含めた神々が降りてきて双子の誕生を祝福するところで完。

思えば、ほぼ全てのキャラクターが最愛のパートナーとハッピーエンドを迎えました。
ガリオンとセ・ネドラ。ポルガラとダーニク。ベルガラスとポレドラ。
シルクとリセル。ヘターとアーダラ。バラクとメレル。レルドリンとアリアナ。
マンドラレンとネリーナ。ウルギットとプララ。ザカーズとシラディス。ベルディンとヴェラ。
女性読者にとってはとても満足のいく展開と結末なのではないでしょうか。
この作品には、デイヴィッド・エディングスの妻リー・エディングスも深く関わってるようで、
それが少なからず影響しているのかもしれませんね。
女性キャラクターの物語での役割の重要さからもそれが伺えます。

ストーリー自体も作りこまれていて、展開も面白く結末も大満足でした。
特に登場キャラクターたちの際立った個性と、
文中(特に会話部分)に溢れるユーモアが、この作品の最大の魅力と言って良いでしょう。
『ベルガリアード物語』と『マロリオン物語』合わせて10巻もありますが、
読み始めたら止まらなくなり、あっという間に読み終えてしまうと思います。
超オススメです。゚+.(*'∇'*)゚+.゚



blogram投票ボタン
Share |

Tags : 小説   ファンタジー   マロリオン物語    
2009. 06. 20 

やっぱり DSi 欲しい

以前 DSi は新色がビビッド過ぎて買う気失せたと書いたことがあるのですが、
最近ものすごく欲しくなってきました。

とりあえずドラクエ9をやりたいんですよね(^▽^;)アハ
キャラメイキングに始まり、わたしの好みのツボを抑えてるし、
見れば見るほど面白そうで...。

それで、どの色が良いかなということですが、
最初迷ったのはホワイト、ピンク、ライムグリーンのどれか。
でもホワイトは無難過ぎるし持ってる人も圧倒的に多そうなのでボツにしました。
残るピンクとライムグリーンで長いこと悩みました。
最近マイブームがグリーンなのでライムグリーンかな~と思ったけど、
ちょっと黄色に近いし蛍光っぽいしでどうも踏みきれず。
ピンクも濃すぎるんじゃないかな~ということで決心がつかず。

ということでググりました。
買った人がアップしてくれた写真を見まくった結果、
ピンクもなかなか可愛いかもという結論に。
例えば、

d0a18ebe5b8a9f15eafa5f510846be26_20090620183701.jpg
Every day is a special day

090328_20090620183701.jpg
Pinky Heart

あくまで写真だけの判断で実際見ないと何とも言えませんが、
ライムグリーンよりはピンクの方が飽きずにいられそうだと思いました。

ドラクエと一緒に出る新色は真っ赤なやつだし、
次の新色がいつになるのか見当もつかないし、
自分好みの色が出るかどうかわからないし、
その時までドラクエ我慢出来そうもないということで、
ピンク買うことにほぼ決定( ̄∇ ̄)
たぶんドラクエと一緒に買います。

そして本体に被せるカバーを安価でデコしてくれるトコを見つけたんですよね。
まずはコッチにオーダーして本体が来るのを楽しみに待つとします♪



blogram投票ボタン
Share |

Tags : DSi    

    



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。