--. --. -- 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


blogram投票ボタン
Share |

 
2009. 05. 31 

ミストボーン : 灰色の帝国

「ミストボーン -霧の落とし子(1) 灰色の帝国」の感想です。

ミストボーン -霧の落とし子(1) 灰色の帝国

昨日、嬉しさと興奮の中で手に入れて、結局昨日の内に読破してしまいました(*'ー'*)
予想通り、ブランドン・サンダースンが描き出す世界に惹きこまれましたよー。
特に合金術(allomancy)の仕組み、奥深さには驚きです。
あとの方でヴィンにケルシャーが合金術を詳しくレクチャーする場面がありますが、
その前にも、ケルシャーがアティウムを盗みに入る時の移動や、
盗みに入った先での戦闘シーンでこの合金術を使う様が描写されています。
この部分は頭で一生懸命考えながら追わないとイメージがかき消されちゃいそうでした(^▽^;)
でもよく理解した上でまた読み返すと、はっきりと情景が浮かんできます。
巻末に語彙集が載ってるので、こちらを先に見て読み始めるのもいいですね。(でもネタばれかも?)
合金術師をそれぞれ<なだめ屋>とか<殴り屋>という風に呼ぶのも気に入りました。

さてこれは物語の始まりなので特別大きな展開や戦いなどはありません。
が、読者を惹きこむには十分な作りになっていると思います。
合金術もそうですが、ここに出てくるさまざまな登場人物もまた魅力的です。

<ハッシンの生き残り>であるケルシャーは、慈悲深くもあり無慈悲でもあります。
過去の経験から、貴族や貴族に仕える者たちを酷く憎んでおり、彼らには容赦ありません。
彼の登場の時にそれが証明されていますが、ルノー卿に関しては寒気を覚えました。
ルノー卿は、トレスティング卿始め他の貴族のようにスカーたちに厳しくはなかったはずなのに...。
彼はどこか危なっかしいというか、ある時突然に折れてしまいそうな気のする人ですね。

ヴィンは確か16歳だと思いますが、もっと若い、幼い少女のイメージです。
彼女の行動がそう思わせるのかもしれませんが、合金術を使い始めた時から、
自信がつきはじめ、胸を張れるようになってきたかなというのがよくわかりました。
もともと好奇心旺盛で観察力にもすぐれた子なので、
合金術をむやみに使って危険に陥らないかと心配したりしちゃいましたw

ケルシャーの仲間はほんとにみんなそれぞれ良いキャラが揃っていて、
彼らが自分たちの力を存分に発揮する場面を早く見てみたいです。
ブリーズやクラブスはちょこっと垣間見ることが出来ましたが。
マーシュが本当に仲間に入るのかどうかも気になります。
ケルシャーは自信満々のようですがw

登場人物と言えば、とてもおぞましいキャラも出てきました。
<鋼の尋問官>と<霧の霊>です。
描写を読みながら、自分が今描いてるイメージは正しいのかと心配になってしまいました。
とにかくおぞましい。
例えもしこれが映像化されても、決して映像にしちゃいけないのではないかというくらい(^^ゞ
<霧の霊>に関しては想像しながら顔が引きつって「うぇっ」となりそうでしたが、
ヴィンも吐き気がすると言っていたので、あー正しいのかとw

そしてテリス族のセイズドがわたしはかなりお気に入り。
わたしのイメージとしてはエルフのような雰囲気です。
<支配王>が唯一怖れるという<たもちびと>だそうですが、
これから先、物語にどう絡みどんな活躍をしてくれるのか期待してます。
その<支配王>がどんな存在でどんな姿かたちをしているのかも興味があります。
第2巻ではケルシャーとの接触もありそうなので楽しみです。

ところで、この「ミストボーン」は3部作です。
この「霧の落とし子(原題:The Final Empire)」も全3巻ですが、これが第1部にあたるようです。
第2部は「The Well of Ascension」、第3部が「The Hero of Ages」です。
読み始めた時から「エラントリス」よりも遥かに壮大だと感じましたが、
これはなかなか読み応えのある長編ものですね。
とりあえず第2巻の発売が待ち遠しいです。
ちなみに7月発売。第3巻は9月に発売予定です。



スポンサーサイト


blogram投票ボタン
Share |

Tags : 小説   ファンタジー   ミストボーン   ブランドン・サンダースン    
2009. 05. 30 

念願のミストボーン

キャ~~~~~~~~~(*≧∀≦)
5月5日に発売されていたなんてっ!!!

このブログでも何度か紹介している 『エラントリス 鎖された都の物語』 の著者、
ブランドン・サンダースンの作品です。
そのエラントリスが、わたしの中で3本の指に入るほどの傑作で大好きな作品だったのですが、
次回作が翻訳されたら絶対に買うと意気込んでました。

そして今日、久しぶりにふら~っと本屋に寄ったらわたしの目に飛び込んできたんです!
ミ ス ト ボ ー ン の文字がっ(*゚▽゚*)

ミストボーン - 霧の落とし語 (1) 灰色の帝国

今日は雨だし、矯正歯科の帰りでテンション低めだったのですが、
これを見た瞬間一気に興奮状態(笑)
驚きと嬉しさでリアルに開いた口を手で押さえ、リアルに涙が出そうに.....(ってそこまでかよw)

逸る気持ちで足取りも軽く、帰りの電車の中で待ちきれずに読み始めてしまいました。
とりあえずこの記事書き終わったらまた読みます。

これは第1巻で、7月に第2巻の 「赤き血の太陽」、9月に 「白き海の踊り手」 が発売されます。
楽しみです。゚+.(*'∇'*)゚+.゚



ちなみに、『エラントリス』 の記事はこちら→ 頭に残り続けるエラントリス



blogram投票ボタン
Share |

Tags : 小説   ファンタジー   ミストボーン   ブランドン・サンダースン    
2009. 05. 28 

こんなところに伊藤英明

英明さんのオフィシャルの掲示板で知ったのですが、
意外なところに出演してらっしゃいました。

AKB48の新曲「涙サプライズ!」のPVに教師役で。
始まりの部分でちょこ~~~っとだけ。
キャプチャしましたw (クリックで拡大)



なぜこんなところに!というのが率直な感想(笑)
見つけた方すごい...。
だって、英明さんのファンは20代以降の女性が多いと思うのですが、
ほとんどの人がAKB48という女の子グループに興味があるとは思えないので(^▽^;)

何故わざわざ英明さんを起用したのでしょうか?
バースデーソングみたいですが、主人公の女の子は英明さん演じる先生に気があるっぽい?
歌詞見てもそれっぽいことは書かれてないですけど...。

でもほんと謎です。
なぜこんなところに英明さんが???
AKB48の誰かがファンだとか?
まー何かしらの縁があったのでしょう。
とりあえずこんな先生いたらヤバイですって(・∀・)



画質が良いのをゲットしましたw (クリック拡大)





blogram投票ボタン
Share |

Tags : 伊藤英明   PV    
2009. 05. 27 

この森で、天使はバスを降りた



■ 出演 : 大塚ちひろ、剣幸、土居裕子、藤岡正明、宮川浩、草野徹、田中利花
■ 会場 : シアタークリエ
■ 日時 : 5月27日 13:30~


この舞台、わたしの観劇候補には無かったのですが友達に招待券をもらったので観に行きました。
とりあえず友達に感謝。
観て良かったです。
本当に素晴らしい舞台でした。

雰囲気は終始しっとりと静かな感じで、じわ~っと染みる感動がありました。
曲も素敵でした!
洗練されたメロディからこの作品の世界観がしっかりと伝わってきました。
あと個人的に、前々からなぜか回り舞台がお気に入りなんですw
場面転換で舞台が回転していくと、妙にワクワクするんですよね(笑)

さてパーシー役の大塚ちひろさん。
一度、劇団新幹線の 『SHIRO』 という舞台で見たことがあるのですが、
その時は、あまり上手くないなーなんて思ったことを記憶してます。
でも今回の舞台では素敵な歌声を聴かせてくれましたね。
変に飾っていなくて聴きやすかったです。
役柄のせいもあったかもしれませんが、何だかとても親しみやすさを覚えました。

シェルビー役の土居さんはもう言うこと無しって感じですね。
土居さんは 『ベルリン・トゥ・ブロードウェイ』 以来ですが、相変わらずキレイ過ぎる歌声で(*^ー^)
夫に対しての態度の変化も上手く表現されていたと思います。
最初の頃のオドオドした感じはほんともどかしいくらいオドオドしてましたねw
過去の話を告白したパーシーに歌いかける場面ではちょっとウルウルしちゃいました(ノω・、)

ハンナ役の剣幸さんもピッタリでした。
勝手なイメージで、ハンナはすごく厳しい人なのかなと思ってましたが、
全くそんなことは無く、パーシーに対しても偏見無く接していて、寂しがりやでもあるんですよね。
楽しそうにしているパーシーとシェルビーを見て微笑む姿が印象に残ってます。
悲しい秘密を持っていますが、ハンナはとても素敵な女性でした。

エフィ役の田中利花さん。
今回の舞台のコメディ担当でしょうかw
歌唱力はもちろんですが、とてもコミカルでエフィの出るシーンはすごく楽しませてもらいました。
特に最後の方の「女の子」の話あたりが一番面白かったです(*^▽^*)
初めて見る方ですが、レミゼのマダム・テナルディエをされているんですね!
俄然興味が湧いてきました♪

そして男性陣。
今回はちょっと失望でしょうか(^^ゞ
演技の方がどうということではなく、歌声が個人的に気に入らなくて。
大塚さんや土居さんのようにとても聴き心地の良い歌声ではないんですよね。
ジョー役の藤岡正明さんは歌い方(発声)がわたしの好みでは全く無くて、
ケイレブ役の宮川浩さんはちょっとがなり過ぎていて正直聴き苦しかったです;

訪問者役の草野徹さんは舞台上では一言も発しません。
今草野さんのブログに行って思い出しましたが、看守役もされていたんですねw
この舞台が初ミュージカルだそうですが、台詞も歌もないのでどうなんでしょ(^▽^;)
そして、この方が山田まりやさんの旦那様です。ってこれはどうでもいいですね(笑)
すみません。特に感想がないというのが正直なところ.....。

作品が良かったこと、曲も素晴らしかったこと、
そして大塚ちひろさんの魅力再発見!というのが今回の観劇の収穫です(*゚▽゚*)
男性陣がもっと魅力的なら★5つでしたが、ちょっと足りないなーということで、★4.5です!w
今日のお客さんはやけにセキが多くてちょっとイライラしたのは水に流します.....。



blogram投票ボタン
Share |

Tags : ミュージカル   土居裕子   大塚ちひろ    
2009. 05. 27 

さよなら、NB公式ブログ

『ニュー・ブレイン』の公式ブログで、最後の動画がアップされました。
29日の千穐楽の日、開演前の赤坂さんとパパイヤさんのコントです(笑)

わたしは千穐楽も観に行きましたが、こんなものがあるとは思いもしてなかったので
すごくラッキーだったし面白かったし、貴重な体験だ~と感じました。
その動画が見られるなんて!

公式ブログと公式サイトは共に29日の18時に閉鎖されてしまいます。
でも動画の方は前日、つまり明日にはもう見られなくなってしまうので今日中に見に行きましょう♪
逃すと損ですよぉ~( ̄∇ ̄)
ここに載せることは出来ませんが、わたしは自分のPCに保存しました。永久保存w

お別れです・・・ @ ニュー・ブレイン公式ブログ

それにしても、ニーノさんのお言葉、、、DVDはありません!と言ってるようなものですね.....。
はい。CDで楽しみます。くどいようですが、ハイライトじゃなければ良かったのに(TωT)



blogram投票ボタン
Share |

Tags : ミュージカル   ニュー・ブレイン    
2009. 05. 27 

PV 「MY HEAVEN」 感想

BIGBANGの日本デビュー曲 「MY HEAVEN」 のPVです。



気になってた歌詞ですが、、、、、、、やっぱりちょっと微妙(^▽^;)
ピッタリハマってる!良いぞ!と思うところも少しはありますが、
ほとんどがなーんか変だな~とか、ダサ!と感じてしまいます.....。

特にスンリ(VI)の ♪ダメージは深くて計り知れない♪ とか
テヤン(SOL)の ♪思い出せるのになす術も無く♪ とか
デソン(D-LITE)の ♪最後に来たメッセージ ごめんだけじゃ正直なにもわかんない♪ とか、
あと個人的にやめて欲しいと思ったのは ♪秋も冬も春も~♪ という部分。
なんか違うんだよな~と感じてしまいます(・・;)
あくまでわたしの感性からしてですけど。

でもそのデソンのすぐ後のテヤンの ♪もう一度そばにきて あの頃みたいに笑ってよ♪ は、
結構良い感じで聴きやすいんですけどねw

韓国語の歌詞に合わせて作られた曲だから、やっぱり原語で聴くのが一番です。
とは言え、ずっと聴いてたら何の違和感も無くなるかもしれません♪

PVの中の5人は文句なしにカッコいいです(*'∇'*)
内容としてはありきたりっぽい感じもしますが、まーそれはそれでOKってことで(笑)

とりあえず次は日本語のオリジナル曲に期待しましょう。
(韓国のアーティストが何故日本語で歌うのか根本的な疑問は未だにありますが.....)



blogram投票ボタン
Share |

Tags : 音楽   BIGBANG   PV    
2009. 05. 26 

メニューの折りたたみ

テンプレを新しくしていろいろカスタマイズしてきましたが、
一応コレが最後のカスタマイズかと思います。

<プラグインメニューの折りたたみ>

基本となるテンプレをお借りした小粋空間さんのところの menufolder.js を利用しました。
説明通りにやればすんなり出来ますが、細かい所が気になって質問させていただきました。
わたしのわがままに付き合ってもらい、いろいろとお世話になりました。

わがままというのは、
1. クリック時に出る周りの点線を消したい
2. メニュータイトルの文字だけではなく全体をクリック出来るようにしたい
3. 最初から閉じておくものと開いておくものを設定したい

(以下、自分用のメモ書きみたいなものです...。)

点線は firefox で見た時のみ出てきてしまうようでした。
とりあえずコレは簡単で、cssに outline: none を加えるだけ。

全体クリックは、正直自分では説明出来ません(^▽^;)
小粋空間さんの方でわたしのブログ用に修正したcssを載せてくださったのでまんまコピペしましたw

最後の、閉じておく開いておくに関しては、htmlのスクリプトの部分をほんのちょこっと修正します。
それぞれのプラグインの下に動作用のスクリプトがあると思いますが、
<script type="text/javascript">
FoldNavigation('fold<%plugin_second_no>','on',false);
</script>

この赤字の部分が on なら開く、off なら閉じるという感じです。
ただ、これはもともとクッキーを利用しているらしく、初期状態で閉じていても、
一度開けばそれがクッキーに保存され、更新しても開いた状態を保ってしまいます。
わたし的には初期状態を常に保ちたいという変なこだわりがあったので納得いかず(~_~;)

解決法は menufolder.js の一部分を変えるだけです。
真ん中よりちょっと下に<状態保持用設定データ>という設定項目があります。そこの
var holdState = true;

という部分の赤字を false に変えればOK。

これでイメージ通りの動作になって大満足です。
最後まで丁寧に教えていただき、小粋空間のyujiroさん、どうもありがとうございました(*'ー'*)
サイドメニューの折りたたみ for FC2 ブログ
FC2ブログでプラグインに表示しているブログパーツを折りたたむ


それから見ていただければわかると思いますが、引用部分のcssもちょこっと編集しました。
左側に画像使ってますw
他のブログで見て可愛かったのでマネしちゃいました(゚m゚*)
ちなみにcssは、
background: url(画像URL);
background-repeat: repeat-y;

こんな感じですw



blogram投票ボタン
Share |

Tags : カスタマイズ    

    



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。