--. --. -- 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


blogram投票ボタン
Share |

 
2008. 12. 19 

Problem solved in CANADA

やーっと、カナダ版の "How Do You Solve A Problem Like Maria?" を見終わりました。
ミュージカル『Sound Of Music』のマリア役を決めるオーディション番組です。
最後は号泣してしまいました・゚・(つД`)・゚・。
とにかくファイナル3は誰がマリアになってもおかしくない状態で、
審査員のJohnもElaineもALWも、難しい選択になると繰り返し言ってましたね。

ファイナル3に残ったのは、Elicia、Janna、Jayme。
3人ともパフォーマンスが最高で正直わたしは予想がつきませんでした。
LondonのMariaオーディションではConnieの圧勝という感じがしましたが、
Canada版では3人とも素晴らしくて本当に決め難かったです。

最終回ではまず3人から2人になり、最後は2人の対決で視聴者の投票によってマリアを決めます。
残った2人はEliciaとJannaでした。
実は、個人的に応援していたのがこの2人だったんです。
すっごい嬉しかったですね。どっちがマリアでも良いみたいなw
Jannaは見た目も、どんなパフォーマンスも巧くこなすところも、Connieと似てる部分がありました。
ミュージカル対決で歌った "Defying Gravity" は最高でしたね。
Eliciaはまさにわたしの好きなタイプ。
力強い歌声もキレイなソプラノも出せて、どのパフォーマンスも表現力が素晴らしかったです。
ミュージカル対決では "Cabaret" を歌いました。すごいカッコ良かったです。

最後の最後の対決は、このミュージカル対決再び!ということで、
Jannaが "Defying Gravity" を、Eliciaが "Cabaret" を歌いました。
最後のパフォーマンスということもあって、それぞれパワーアップしてましたw
いろいろ伝わってきてすごい感動しちゃいました。



映像を見たい方がもしいましたら、下記のリンクからどうぞ。
リンク切れしてたらすみません。。。

How Do You Solve A Problem Like Maria - Canada



以下結果です。
見たくない方は進入禁止。


スポンサーサイト


blogram投票ボタン
Share |

 
2008. 06. 01 

I'd Do Anything - week 10

I'd Do Anything (BBC)

Episode 12 ダウンロード
Main / Top2 Results (465MB) ⇒ Final Results (232MB)

最終回です。
とにかく言えるのは、この番組最高ってことです。
ナンシーたちはみんな一生懸命で輝いてるし、
それぞれにドラマがあって、一生懸命な姿は感動的だし。
最後まで緊張でドキドキしてましたが、良い結果に終わったのではと思います。

今回はいろいろ意見を言うのは無しにします。
ファイナルに残った Jodie、Sam、Jassie は3人とも素晴らしいパフォーマンスでした。
今までは自分なりにいろいろと分析して見てましたが、今回は100%楽しんじゃいました。
ただSamが最初に脱落することは明確でしたね。
JodieとJassieはとにかく人気があるので。
でやっぱりSamが落ちて、最後の一騎打ちはJodieとJassieになりました。

どちらが選ばれてもおかしくない2人ですが、個人的にはJodieになって欲しかったです。
でもパフォーマンスを見てて、Jassieは本当に上手いなと思いました。
表現に関しても技術的なことに関しても、Jodieより上を行っていたように感じました。
Jodieを応援しながらも、純粋にJassieの舞台を観てみたいと思ったんです。
心密かに「Jassieで決定か?」と。

さて今回は最後なのでSing-offがありません。つまりALWが選ぶということもありません。
全て視聴者に委ねられています。
発表の前に審査員たちに誰がナンシーにふさわしいかを聞きました。
「ふさわしくないか」ではなく「ふさわしいか」です。
ALWやCameronにも聞くのに良いのかとも思いましたけどね^^;
で、JohnとDeniseはJodieを選びました。
BarryとCameronとALWはJassieを選びました。 Jodieは複雑でしょうね。

このオーディションを通して、大体JohnとDeniseは意見が合いますね。
そしてわたしとも結構同じ意見なんです。
2人はわたしが応援していたSamに対してもあまり悪いことは言ってなかったですしね。
今回もJodie派ということでw

では結果です。(まだ知りたくない方は素通りで。)


blogram投票ボタン
Share |

Tags : オーディション   IDA    
2008. 05. 27 

I'd Do Anything - week 9

マリア (How Do You Solve A Problem Like Maria?)、
ジョセフ (Any Dream Will Do)、
そして今回のナンシー (I'd Do Anything)と続いてきたALWのオーディションシリーズ。
個人的には、今回のナンシーが一番面白いと思います。
特にこの week 9 はレベルも高かったし、ものすごく感動的で何度も泣いてしまいました。
結果は決して納得のいくものではありませんでしたが、、、。

ところで今回は「オリバー!」のプロデューサーである Cameron Mackintosh もパネラー席に。
今まで Cameron はオリバーの選考だけに参加してVTR出演だけでした。
次回からもいるかどうかはわかりませんが、プロデューサーだしいるべきですよね。

曲リスト。
Rachel - "Cabaret" (from Cabaret)
Jessie – "What I Did For Love" (from A Chorus Line)
Samantha – "When You Believe" (from Prince Of Egypt)
Jodie – "Out Here On My Own" (from Fame)

最初はRachel。
johnじゃないですけどほんと、Rachel!Rachel!Rachel!って感じでした。
本物のウェストエンドのスターのパフォーマンスを見てるかのようでした。
パフォーマンス後にはALW始め審査員も観客も総立ちのスタンディングオーベーション。
ほんとに気持ち良いくらい素晴らしかったです。
その後のJassieのプレッシャーは半端なかったでしょうね。
はっきり言って今までのパフォーマンスの方が良かったかな~という印象でした。
もっとJassieらしくガツンとくる曲を歌って欲しかったです。
Samも今までの方が断然良かったです。
ずっと上り調子で来てここでちょっと止まってしまいましたね。
JassieもSamも今までの方が良かったというだけで、決して下手というのではないです。
2人とも気持ちが入っていて感動的でした。
でも4人の中で一番グッと来たのはJodieでした。
とにかく心に訴えかけるようなパフォーマンスで、Jodieの声と瞳は本物の感情を表してました。

さて今回の企画はDuetです。
SamとJodie、JassieとRachelという2組に分かれてパフォーマンスをしました。
最初のチームは "Jesus Christ Superstar" (from Jesus Christ Superstar) を、
後のチームは "Buenos Aires" (from Evita) をそれぞれ歌いました。
両方とも明るいノリノリの曲なのでスタジオも大盛り上がりでした^^

そして遂にオリバーが決まりました!
選ばれた3人は Gwion(11)、Harry(12)、Laurence(11)でした。
特に Laurence はほんと声も良いし3人の中で一番歌が上手いんじゃないでしょうか。
まーとにかく可愛いですw

では Results です。
わたしの予想では、bottom2はJassieとSamでした。
ちなみに審査員のそれぞれのワーストは、JohnとDeniseがJassie、
BarryとCameronがJodieでした。 BarryとCameronは大ブーイング受けてましたね^^;

結局bottom2は、RachelとSamでした。。
審査員がワーストに選んだ2人が通過した訳です。
専門家と純粋な観客・視聴者の意見がこれ程違うものかと^^;
Samは応援してましたが今回はダメかなと覚悟してました。
でも何故Rachelなのか。。。
今日の彼女のパフォーマンスはマリアから始まったALWオーディションシリーズ史上
一度も見たこと無いほど素晴らしかったし、あれ程興奮したスタジオも初めてです。
わたしと同じように視聴者も彼女のパフォーマンスに釘付けになったと思ったのに。

そしてSing-off。
曲は "Memory" (from Cats) でした。
もうほんとに感動でした。2人の感情が絡み合ってというか何と言うか。
とにかくわたし号泣して見てましたね^^;
で心の中でSamが脱落だなと確信してたんです。
もちろんSing-offの2人は甲乙つけられないくらい良かったし、絶対Rachelだろと、、。

でもALWはSamを選んだんです。
Samの名前が出た瞬間思わず叫んじゃいました。ビックリもビックリ。
ビックリでしたがとにかくめっちゃ嬉しかったですねw
Rachelがファイナルに残れなかったのも驚きです。
始めに納得出来ない結果と書きましたが、Rachelに関してはほんとそうです。
ただSamがファイナルに残れたことは良かったので複雑ですね~。
ここまで来たら是非ナンシーになって欲しいです^^
と言ってもJodieとJassieは人気があるので難しいかもしれません。
わたしの予想ではナンシーには Jodie がなるのではないかと。。。あくまで予想です。。

今日はいつもより長いですね(汗)
それでは見たい方は↓よりDLしてくださいw

Episode 11 ダウンロード
Main (465MB) ⇒ Results (232MB)

+) DL先のリンク修正しました^^
ご指摘してくださったsimon様(名前出して良かったでしょうか?;)、ありがとうございます。
そしていつもブログ拍手にコメントありがとうございます。
ほんとSamが残って嬉しかったです。
次回はファイナルということでいよいよナンシーが決まります!わたしもドキドキです(≧▽≦)



blogram投票ボタン
Share |

Tags : オーディション   IDA    
2008. 05. 24 

I'd Do Anything - week 8

I'd Do Anything (BBC)

セミ・セミファイナルですね^^
ここは5人にとって勝負どころかなと。
緊張度も気合の入れようも今までとは違ってたはずです。

曲リスト。
Jodie - "Holding Out For A Hero" (Bonnie Tyler)
Rachel - "I Will Always Love You" (Dolly Parton /Whitney Houston)
Samantha - "Defying Gravity" (from Wicked)
Jessie - "How Do I Live Without You" (LeAnn Rimes)
Niamh - "Don't Speak" (No Doubt)

Jodieは前回の時に踊ってるのを見たいということを言われてました。
なので今回の曲はアップテンポで振り付きでした。
かっこよかったです。
まーさすがにちょっと重たさを感じましたが(汗)
Rachelはまさに勝負に来たという感じで、本気なんだということがよくわかるパフォでした。
オーラがあって普通に感動しました。
Samは今日もなかなかの出来でした。
てゆーか、Idina Menzel に直接会って1対1で指導を受けたりして、、、すごい。
最初の方はどうかなと思ったのですが、サビとか盛り上がりの部分は最高でしたね。
Jassieは前回から雰囲気がガラッと変わりました。
彼女もこんなキレイな声が出るんだな~と感心しました。
4人とも良かったとわたしは思います。
ただNiamhだけがちょっと残念でした。
なんというか、惹き込まれなかったし盛り上がりもしなかったし、正直結果が見えた気がしました。

さて今回はなんと5人のジョセフくんたちがナンシーたちとパフォーマンスを!
ジョセフくんたちというのは、前回の Any Dream Will Do の男の子たちです。
Keith、Lewis、Ben、Daniel まではわかります、、、、、なぜ Rob なんだ?!
いやほんと申し訳ないけど、なぜ、、、。
番組的にはほんとは Craig が良かったんじゃないかとも勝手に思いますが、忙しかったのかな。
じゃなくても、Chris B とか他にいるじゃない!
と思ったら Chris もちゃっかりと5人と一緒に座ってる~。
見に来ただけのようですが、5人とも衣装を着てる横で私服で座ってるのがちょっと悲しかったです^^;
パフォーマンス自体は楽しかったです。
久しぶりに歌声を聴いて、あ~そうだったこういう声だったね~なんて一人懐かしんでましたw

オリバーたちは今まで1人ずつ選ばれてきましたが、それも今回が最後でした。
次回、選ばれた8人の中から3人が選ばれます。
ナンシーはもちろん1人だけをキャスティングしますが、オリバーは3人です。
こっちも誰が決まるかドキドキですね。

今回のナンシーの方の結果は妥当でした。
RachelとNiamhがSing-offに。そしてNiamhが脱落となりました。
でもNiamhの声は、言い方が変かもしれませんが、使える声だと思います。
きっとALWはなにかしらの役をくれたりするんじゃないでしょうか?

次はいよいよセミファイナルです
ここまで順調に良い感じで来てるSamに残ってもらいたいですが、どうなるかもうわかりません。
期待と不安でいっぱいです^^;

Episode 10 ダウンロード (Mainは2つのファイルをDLしてから解凍してください。) ※rar解凍法
Main1 Main2 (.rar 598MB) ⇒ Results (232MB)



blogram投票ボタン
Share |

Tags : IDA   オーディション    
2008. 05. 12 

I'd Do Anything - week 7

I'd Do Anything (BBC)

(11日)

ファイナル6ということで半分まで来ました。
わたしの予想とはちょっと違うメンバーですが、応援してるSamが残ってるのが嬉しいですね。
だんだんとお互いのライバル心なんかも激しくなって
ファイナルに向けてさらに面白くなってくると思われます^^
番組の始めに誰がナンシーに相応しくないかなんていうインタビューもしてました。
女の戦いは怖いですよ~(笑)

曲リスト。
Jessie - "Fighter" (Christina Aguilera)
Niamh - "True Coulours" (Cyndi Lauper)
Ashley - "I Say A Little" Prayer (Aretha Franklyn)
Samantha - "Survivor" (Destiny's Child)
Jodie - "If I Ain't Got You" (Alicia Keys)
Rachel - "You've Got A Friend" (Carole King )

なんとなく全体的に失速してるような気がしないでもないです。
審査員も視聴者も要求するレベルがどんどん高くなると思うので
このままだと悪い意味で選べなくなっちゃいますね。選ばなきゃいけないのですが^^;
Jassieは良い評価を得られませんでした。
Johnはタレントオーディションではなくキャスティングオーディションだと言ってましたが、
わかるようなわからないような、、、。
審査員やALWが何と言おうと、視聴者はきっと気に入ったと思います。
続くNiamhもAshleyもなかなか厳しい評価でしたが、その雰囲気を一変したのがSamでした。
良い評価ばかりでしたね~。
JodieとRachelもさすがという感じのパフォーマンスでした。

さて今回は面白い企画が登場しました。
ナンシーたちを2チームに分けてそれぞれのパフォーマンスで対決(?)するというものです。
チーム分けは単純に、youngerとolderですw
youngerチームはJassie、Niamh、Samantha。
olderチームはJodie、Ashley、Rachel。
両方とも楽しくて勝負という感じではないですけど投票には影響する、、、かもしれません。
てゆーか、みんなの年齢見てみたら、わたしAshleyと同い年、、、。
いやー彼女には悪いけどもっと(もっと)上かと、、、、、。

にしても、セリーヌ・ディオンのコンサートに行って会って話して写真一緒に撮って。
羨ましい~(≧-≦)



(12日)

Resultsを見ました。
一言で言うと納得の結果でした。
Bottom2はNiamhとAshley。
そして脱落したのはAshleyでした。
正直、Ashleyがここまで勝ち残ったことが個人的には意外だったんですよね。

そういえば先週からオリバーたちがナンシーを一人選んで
一緒にパフォーマンスするというのが始まりました。
先週はSara。
今回はNiamhが選ばれオリバーたちと "Chitty Chitty Bang Bang" を歌っていました。
オリバーたちの前でオーディションさながら自分をアピールするナンシーたちが面白かったですw

オーディションもあともう少しです。
わたしはファイナル3にJassie、Jodie、Rachelが残ると予想してますが、
Samも残って欲しいしNiamhも残る可能性大です。
良いパフォーマンスで戦ってほしいですね。

Episode 9 ダウンロード
Main (465MB) ⇒ Results (232MB)


blogram投票ボタン
Share |

Tags : オーディション   IDA    

    



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。