--. --. -- 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


blogram投票ボタン
Share |

 
2009. 07. 06 

フェデラー返り咲き!

やり遂げた!
フェデラーがウィンブルドンでロディックを下し6度目の優勝!
世界4大大会の通算優勝回数が15回となり、前人未到の記録も達成!

fed.jpg

とりあえず長かった。
わたし最初はフェデラーが余裕で勝つと思ってたのですが、
ロディックが思いのほかすごくて気が気じゃなかったです。
そしてフェデラー自身のアンフォースドエラーも多くて、不安でしかたなかったですね。
打った瞬間に「あー、アウトだよ;;」って頭かかえることが何度もありました;
わたしが今まで見たフェデラーの試合で一番怖い試合でしたね。
不安と緊張の中、サービスゲームをキープしたらドッと安心のため息をつき、
ロディックのサービスゲームでは期待するもミスとロディックの強いサーブに勝てず意気消沈。
そんなことの繰り返しで、全く眠気が起きなかったです(^^ゞ

疲れが見え出したのはフェデラーだったように思います。
でもその後吹っ切れたのか、調子が徐々に上がってきて、
最後の最後はロディックの集中力が一瞬途切れたところで勝敗が決まりました。

結局4時間16分にも及んだそうです。
スコアは、5-7、7-6、7-6、3-6、16-14 でした。
16-14 って!(☉∀☉)
普通、あれだけロディックが押してたら誰でも負けちゃうと思うのですが、
それを見事に防いだことがフェデラーの強さなのかもしれませんね。

世界ランク1位にも返り咲き、今後のナダルとの対戦がますます楽しみになってきました。
これでナダルに負けるようなことがあったらわたしほんと落胆しちゃいます(^▽^;)
絶対勝って欲しいです☆

スポンサーサイト


blogram投票ボタン
Share |

Tags : テニス   ロジャー・フェデラー   全英    
2009. 06. 18 

2010年W杯出場決定!

北朝鮮が2010年のサッカーワールドカップへの出場を決めました!!!
嬉しい~~~(*≧∀≦)
何が嬉しいって、44年ぶりっていうのもそうだし、在日勢の活躍もそうだし、
韓国と一緒に行けるっていうのもそうだし!
今日はチェサで忙しく準備してたんですけど、何気なくテレビに目を移したら
ちょうどこのニュースが流れてて周りに「ワールドカップ行けるじゃん!」て叫んじゃいましたw

@サンスポ
【 北朝鮮、44年ぶりのW杯切符! 】

scd0906180828002-p1.jpg

 サッカーの2010年ワールドカップ(W杯)南アフリカ大会アジア最終予選B組で17日、北朝鮮が1966年イングランド大会以来となる44年ぶりのW杯出場を決めた。リヤドでの最終戦でサウジアラビアと0-0で引き分けた北朝鮮は、通算3勝3分け2敗で勝ち点12とし、得失点差でサウジを上回って自動出場の決まる同組2位を確保した。

 北朝鮮は66年大会では1次リーグでイタリアを破るなどして旋風を起こし、当時アジア勢最高のベスト8進出を果たした。02年日韓共催大会で4位となった韓国も出場を決めており、初の南北そろってのW杯出場は世界的にも話題を呼びそうだ。

 最終戦にはJリーグ1部(J1)川崎フロンターレの鄭大世(25)、J1アルビレックス新潟などでプレーした安英学(30)の在日選手が先発出場した。(共同)

韓国でも大きく取り上げられてるし、本当に嬉しいの一言!
今日はとても気分が良いです(*'∇'*)
韓日共同開催の2002年W杯もかなり盛り上がりましたが、
2010年のW杯も燃えに燃えそうな予感w
今夜のスポーツニュースは要チェックです!

2009061805262199270_053241_0_20090618175445.jpg

やったーーー! おめでとう。゚+.(*'∇'*)゚+.゚


※記事追記しました(moreクリック)



blogram投票ボタン
Share |

Tags : ワールドカップ   サッカー    
2009. 06. 08 

フェデラー対ソダーリング

パリ・ローランギャロスで行われていた全仏オープンテニスが、
男子シングルス決勝をもって終了しました。

決勝戦はロジャー・フェデラー vs ロビン・ソダーリング。
フェデラーはとても有名ですが、ソダーリングはわたしも初耳でした。
彼が一躍有名になったキッカケは、あのランキング1位のナダルを倒したことでしょう。
ナダルはフェデラーがこの全仏でどうしても勝てなかった相手です。

そんな2人の決勝戦。
わたしはどっちが勝っても嬉しいのですが、
自然とソダーリングを応援してしまってましたね。
負けてる方にがんばれとエールを送りたくなるのは皆同じですよね(*^ー^)

第1セットは圧倒的にフェデラー有利で進みました。
第2セットはソダーリングも粘りましたが、フェデラーの巧妙なプレーには勝てませんでしたね。
第3セットもソダーリングが押されて、結局終始フェデラー有利で勝敗が決まりました。
スコアは 【6-1、7-6、6-4】 でした。

とにかく今回のフェデラーはサーブが気持ちよく決まりましたね。
センターやサイドの際どいところにばしばしと。
ここまでサーブが気持ちよく決まるのをわたしは初めて見ました。
フェデラーのサーブにソダーリングは全く太刀打ち出来ていませんでした。

そして特に前半は、フェデラーのドロップショットがソダーリングによく効きました。
こういうのにソダーリングは弱いのかもしれません。
というかフェデラーのフットワークと技術が素晴らしいんでしょうね。

ソダーリングも、調子が上がって決まってくると素晴らしいプレーが出ました。
サーブも良いのが何本かありましたが、続かなかったのが残念でしたね。

そういえば、途中乱入者騒ぎがありましたね。
赤の服と旗みたいなのを持ってた気がしますが、フェデラーのファンだったのでしょうか?
フェデラーの前で旗を振り首に腕を回したりほんと迷惑の何者でもない。
警備の人たちが4、5人出てきて追いまわして、最後はタックルで押さえつけました。
わたしは気付きませんでしたが、主審の方も降りて乱入者を捕まえようとしたそうですね。
実況の方がその行為を褒めてました。

話は戻って、わたしはフェデラーのスマートなプレーが好きなんですよね。
表情も崩さず常に冷静に、簡単そうにすごいことをしちゃうとこがw
ソダーリングもあまり声出さないし、表情もあまり変わりませんが、
フェデラーの方が明らかに淡々としてます。
そんな彼が時々「おっしゃー」みたいに叫ぶ姿が、ギャップがあってまた好きなんですよねー(笑)

ソダーリングは、何だか性格の良さが滲み出てる感じが好きです。
もちろん決して悪い意味ではなく、きっと誠実な性格なんだろうなーと思わせるんです。
実際どうかは知りませんけどね。
テニスプレーヤーは正直あまりよく知らないのですが、
ソダーリングは間違いなくわたしのお気に入りプレーヤーの1人に加わりましたw

正直、ナダルを倒してくれたソダーリングにも感謝という感じでしょうか。
フェデラーはどうしてもナダルを破れなかったですからねー。
ただ、ナダルに対しても今回みたいなプレーをすれば負けるはずはないと思いますが。
何だかんだ、やっぱりフェデラーが最高のプレーヤーに変わりはないんじゃないかと、
個人的にはそう思います。

とにかくあれ程に泣いているフェデラーを見られるとは思ってもいませんでした。
特にスイス国歌が流れているときの彼の涙には思わずもらい泣き(TωT)

にしても表彰式の時のスピーチって面白いですねw
ソダーリングもフェデラーもユーモアたっぷりで、
試合が終わったばかりなのに、とっても和やかで気持ちが晴々しました。


初の全仏優勝と、歴史的な生涯グランドスラムを達成したフェデラーにおめでとう。゚+.(*'∇'*)゚+.゚
ランキング1位への返り咲きも期待してます☆



blogram投票ボタン
Share |

Tags : テニス   全仏   ロジャー・フェデラー    
2007. 06. 09 

Nikolay Davydenko

パリのローランギャロスで開催されている、全仏オープンテニス2007。
フェデラー対ダヴィデンコの準決勝を(途中まででしたが)見ました。
会場でもフェデラー人気がすごいのですが、わたしはダヴィデンコを応援してました。
2人の今までの対戦成績は、18対0とフェデラーの圧勝。
たぶん今回も負けるだろうな~と思いつつも、勝って欲しいという希望も持ってました。

正直、試合を見ていたらだんだん勝って欲しいという気持ちが強くなりました。
フェデラー相手に五分五分の戦いをしてたので。
相手のミスが多かったものの、ダヴィデンコのプレーも光ってました。
力だけではなく2人のテクニックがぶつかり合う感じですごく楽しかったです。
1セット目は7-5でフェデラーに一歩リードされました。
その後は見れなかったのですが、結局ストレートで負けてしまったようですね。
2セット目と3セット目は共に7-6。
世界ランク4位の意地を見せたという感じでしょうか。

でもやっぱりフェデラーには勝てないんですね。
というかフェデラーが強過ぎ。
ダヴィデンコが苦労して40-0にしたのに、サービスエースだけでデュースにしてしまうなんて…。
彼はリードされてる時の集中力がすごいんだとか。
それってかなりの精神力が必要だと思います。
やっぱりすごい人なんだな~と解説聞きながら思いました。
とにかく2人のラリーがすごい見応えあって良かったです。

ところで、ダヴィデンコのコーチは11歳離れた実のお兄さんです。
フェデラーは今は臨時のコーチらしいので、画面にはダヴィデンコのお兄さんがちょくちょく映ってました。
お兄さんを見てるとますます応援したくなるんです^^
ダヴィデンコに向かって「大丈夫だ。」って頷いてみせたり、
心配そうに見つめたり時にはダヴィデンコと一緒に悔しがったり。
ずっと2人3脚でやってきて、ダヴィデンコもお兄さんを尊敬しすごく影響を受けているそうです。
これからも2人でがんばっていって欲しいです。

この大会でようやくテニスのルールをしっかり把握しました。
それもダヴィデンコのおかげですねw
これからも彼を応援していこうと思います。

devydenko.jpg
髪が薄いのは気にしない(笑)


blogram投票ボタン
Share |

Tags : テニス    
2007. 03. 25 

ミキティおめでとう★

おめでとう!!!!!!!!!
涙涙でした。
フィギュアスケートが終わりました。
優勝はミキティ^^
スポーツの醍醐味を味わうことが出来たような気がします。
優勝の瞬間!
スポーツをやってる人も見てる人も、
何かが決まったその瞬間が何よりも一番嬉しいのではないかとw
ミキティの涙を見てわたしも思わず涙が;;
ほんと涙腺弱いんです;;
苦労してきたから余計に嬉しいでしょうね。
今回はコーチも素晴らしい人だったそうです。
スランプに落ちた時、このコーチに救われたと言っていました。
もちろんミキティ自身の努力も大きかったと思いますが、
周りの支えがなければ優勝は無理だったでしょうね。

わたしは専門的な知識なんて無いので演技や技術とかに対しては何も言えません。
なのでベストシーンを挙げるなら、優勝が決まった瞬間と、
ステップに入る前にチラッと荒川さんを見てニコッと笑った顔。
この2つですね。
ミキティおめでとう(゚▽゚*)



が、本当はやっぱりヨナちゃんに勝って欲しかった(TwT。)
ショートではすごく良かったのにフリーでジャンプを2回失敗してしまったとか...。
腰の調子が悪かったせいもあると思いますが、残念です;;
それでも銅を取れたことはすごいと思うしさすがだと感じました。
次こそはっ!!!


blogram投票ボタン
Share |

Tags : フィギュアスケート    

    



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。