--. --. -- 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


blogram投票ボタン
Share |

 
2010. 08. 26 

第二部 「ミストスピリット」

※ネタバレ注意※



読み終えて大分経ちましたが今更ながら感想を。
待望の第二部で期待も高かったのですが、その期待を裏切らない面白さ。

第二部では、さらに力を増していくヴィンと、
国を統治していくのに苦心するエレンドの姿を中心に描かれています。
この二人ほんと大好きです。
男女間の関係において、女が守り男が守られるというのはなかなか難しい関係性ですが、
そういうことも乗り越え遂に結ばれた二人。
霧の落とし子でエレンドの腹違いの兄弟でもあるゼインに惑わされそうになりつつも、
住む世界は違えど自分のエレンドへの愛を信じて結婚の申し込みを受け入れたヴィン。
ヴィンがゼインと生きる道を選んじゃうんじゃないかとヒヤヒヤしましたw

二人を始め登場人物はみんな気に入っていますが、特にカンドラのオレ=スーンが良いです。
結局は犬になった時から既にオレ=スーンではなく、
ゼインと契約を結びスパイをし続けていたテン=スーンだったわけですが・・・。
それでも長い間ヴィンと過ごしてきて絆が生まれたことは事実で、
最後は主人であるゼインを裏切ってヴィンを助けてくれたことに感動。
きっと助けてくれると思っていましたが( ̄∇ ̄)
テン=スーンはいったん故郷へ帰っていきましたが、第三部でまた登場してくれるでしょうか。

そしてもう一人忘れてはならないのがセイズド!
なんていうか、ほんと素敵な紳士って感じで大好きですw
今回セイズドは2回ほど死にそうな場面があってドキドキしましたが、
一度目はコロスにやられそうなところをヴィンに助けられ、
二度目はマーシュに殺されそうになったところをハムに助けられましたね。
セイズドが死んじゃったらほんと悲しいです;;
ヴィンとエレンドについてすっごい素敵な言葉も言っていて、感動してウルウルしちゃいました。
さらにはティンドウィルの愛。
彼女を失った後のセイズドのようすは読んでいて悲しくなりました。
セイズドもまた、この第二部で怒涛のような人生を歩んでいるなと感じました。

この第二部で大きな脅威の一つであるエレンドの父ストラフ。
振り返ってみると、本当に孤独な人だったなと。
息子であるエレンドやゼインからも見放され、
終いにはいつも頼りにしていて当たり前のように裏切るはずないと思っていた、
愛妾のアマランタにも裏切られて麻薬漬けにされる始末。
そして最後はヴィンにあっけなく殺されて・・・。
その死に方が思いのほかあっけなくてちょっとウケました(笑)
ヴィンとじっと対峙することもなく最後の会話をするでもなく、あっさりと殺してしまいました。
でもこういう最期がストラフのようなヤツにはお似合いなのかもしれませんね。

なかなかのどんでん返しもあってちょっとビックリ。
力を解放しなきゃいけないと思ってずっと即位の泉を目指していたのに、
それが全部罠で、実際は解放してはいけないものだったなんて。
泉ではエレンドが死にそうになるし。
最後の最後でなんで?!って「うそうそ!やだやだ!」って(もちろん心の中で)叫んじゃいました。
でその後にまた意外な展開が。
エレンドが霧の落とし子になっちゃったー!w
でも第三部に向けてちょっとワクワクするような展開でわたしは嬉しい驚きでした。

3巻目が特に怒涛の展開で一気に読んでしまいました。
1巻よりも2巻、2巻よりも3巻という風にどんどん面白くなっていきます。
いろんな疑問が次々に生まれて、それが3巻でどんどん解明していくんですよね。

第三部は霧の落とし子になったエレンドとヴィンとその仲間たちが、
解放してしまった驚異とどう戦っていくかが見所ですね。
9月から発売開始なので楽しみにしています。

ブランドン・サンダースン、お気に入りの作者です。
第一部の「ミストボーン」はもちろん、別作品の「エラントリス」もオススメです☆

スポンサーサイト


blogram投票ボタン
Share |

Tags : 小説   ファンタジー   ミストスピリット   ブランドン・サンダースン    
2010. 04. 27 

トールサイズのブックカバー

わたしは本を読む時、必ずブックカバーをしています。
元々のカバーをはずして、中身だけをセット。
ブックカバーはハンドメイドのもので、いつもヤフオクなどで購入しています。
皆さんセンスが良くて可愛いものが多くて目移りが激しいですw

SH3D0083.jpg

上の一番左のものが使用頻度高めでした。
ボタンが付いていてバッグの中で開いてしまうのを防いでくれます。
何気に便利なんですよね。

わたしはファンタジーが好きで、特にハヤカワ文庫のファンタジーものをよく読みます。
ハヤカワと言えば、去年からサイズがちょっと変わりましたよね。
通常の文庫サイズよりも縦が 5mm ほど大きくなって 15.7mm となりました。
ここで困ってしまうのがブックカバー。
今まで使っていたカバーにはとっても入れ難かったり全く入らなかったり;
探してみてもトールサイズ用のブックカバーを作ってる方はいませんでした。

でも今回やっと見つけたんです。
ヤフオクにも出品されている方で、トールサイズで作ってもらえるか問い合わせてみたら、
快く承諾してくださって今回はトールサイズ用のものを3点購入しました。

SH3D0086.jpg

上の2点は通常の。下の3点がトールサイズ用のブックカバーです。
デザインも可愛いのが多くてどのデザインにするか迷ってしまいました。

「アルサラスの贖罪」や「ミストスピリット」など読みたいものが溜まってるので、
このカバーを付けて読書を楽しみたいと思います♪

トールサイズ用で可愛いブックカバーをお探しの方にはオススメのショップです(*゚▽゚*)
ハンドメイド雑貨のお店 【proud】



blogram投票ボタン
Share |

Tags : ブックカバー    
2009. 09. 25 

『ミストボーン』 第1部読破

※ネタばれです※

ブランドン・サンダースン著、全3部作の『ミストボーン』。
その第1部にあたる「霧の落とし子(原題:The Final Empire)」を読み終わりました。

いやー、面白かった!
合金術や伝金術などの設定の緻密さは言うことなしで、圧倒される世界観です。
通勤や帰るときの電車の中でしかなかなか読めなかったのですが、
3巻目の後半からは怒涛のようにストーリーが進んでいったので
早く続きが読みたくてウズウズしてました。

まさかの展開が次々にやってくる感じでしたね。
とりあえずケルシャーが死ぬとは全く予想してませんでした。
彼は11番目の金属を試したけど上手くいかず、支配王にやられてしまいました。
が、死ぬこともケルシャーの計画の一部だったんですね。驚きです。
そしてマーシュ。
彼が死んだ時はかなりショックで悲しかったんですけど、まさか生きていたとはっ!
しかもあのおぞましい尋問官になって.....。
尋問官についてもいろいろわかったことがありましたね。
釘は両目だけではなく胴体にも刺さってて、全部で計11本。
目の釘と胴体の釘がまた別の釘で繋がれてて、それを切断すれば倒せると。
誰しもが思いますが、どうやって見てるのかどうして生きていられるのか。
かなり体力は消耗しやすいようですが、まだまだ謎は多いですね。
支配王もどんでん返し的に素性が明らかになりました。
日誌を書いていた人物だとばかり思っていたら、
実はその人物が警戒していたテリス族のラシェクが支配王の正体。
広場で見たのは若い男だったのに、ヴィンが目撃した時は老人だったということも納得。
若さを維持するために頻繁に年老いた状態になる必要があったのですね。
あ、となるとこの時点で支配王の正体がラシェクだと気付いた人もいるかもですね。
わたしの頭の中にはハテナが駆け巡ってましたが(^▽^;)

ヴィンの恋模様も楽しく可愛かったです。
エレンドは最初の印象では、ケルシャーのように謎があって頭のきれる男かと思いましたが、
実際は素直になれない平凡な男の子だったみたいですね。
でも情熱は誰にも負けることはないと思います。
勇敢にもヴィンを助けに行ったこととか、すぐに王座に就いてしまったりだとか。
第2部では父親のストラフとの確執がさらに描かれるでしょうか。

ヴィンも平凡な恋する女の子の面を持っていて、戦いの時とのギャップが面白いです。
尋問官や支配王と戦ってる時はとにかく勇ましく鋭い表情が目に浮かびますが、
エレンドとのシーンでは一変、女の子らしい本来のヴィンらしい表情が想像できます。
最後、ヴィンとエレンドが抱き合うところでは微笑ましくてつい笑みがw
その前に、エレンドのもとに行くことを決心させてくれたのが兄のリーンでしたね。
現実的で酷いことばかり口にしていても、
最後の最後にはヴィンを裏切ることなく守り抜いて死んでいった立派なお兄ちゃん。
自分のことを愛してくれていたんだと確信したヴィンの頭に響いた「戻ってやれよ」という言葉は、
今までとは違ったリーンの優しい口調が聞こえてくるようでした。
ここら辺は兄弟愛に感動してちょっとウルウルでした(ノω・、)

思い返してみると、オドオドしっ放しでとにかく隅っこに居たがっていたヴィンが懐かしいです。
ケルシャーやセイズドやドクソンやいろんな人と触れ合って、
信頼関係とか友情を学んで徐々に成長していく過程もこの物語の魅力の一つですね。

第2部がいつ頃出版されるのかわかりませんが、気になる点もまだまだ多いし、
これは期待度120%で心待ちにしたいと思います。
でも出来れば早く読みたいw





blogram投票ボタン
Share |

Tags : 小説   ファンタジー   ミストボーン   ブランドン・サンダースン    
2009. 08. 26 

渡部建 - エスケープ!

アンジャッシュの渡部建さんが書き下ろした小説、『エスケープ!』。
めちゃめちゃ面白いです!オススメ!

エスケープ!

シュウは会社の内定も決まり、かわいい彼女もいる大学四年生。
春からは忙しく働き、数年後には彼女と結婚して子どもをもうける予定―。
「でもなあ、そんな人生って……正直、楽しそうじゃないな」
将来は約束されている。でも、その将来には何も刺激がない。
ぜいたくな不満だと頭では理解している。けれど……。
そんなある日、シュウは人生を変えるかも知れない雑誌記事を見つけてしまった。
「プロが語る!空き巣手口のすべて!」
その日からシュウの日常は一変。
かつてない情熱で入念に計画を立て、人生で初の興奮を覚えながらの綿密な下見。
すべては完璧で、安全だと思われた空き巣計画。
が、しかし……忍び込んだ家の中にはなんと!!

アンジャッシュお得意の勘違いコントを小説化した感じです。
面白すぎて思わず声出して笑ってしまうほど。
渡部さんご本人の言葉を借りるなら、
「当事者達は緊迫した状況にも関わらず、第三者からみると、コメディになっているといった感じ」
だそうです。
確かに登場人物たちはみんな真剣そのもの。でもそれが面白いw
アンジャッシュのコントが好きな方なら必ず笑えます!
そして彼らを知らないという方にも、見事に計算された状況の中で起こる
極上の笑いを提供できると思います!(←少々ファン贔屓w)
これを機にアンジャッシュのコントを見ていただけたらファンとしては嬉しい限りです。
堤幸彦監督が仰ってくれていますが、本当にこれ映画化して欲しいです。
いつか実現しますように☆



blogram投票ボタン
Share |

Tags : アンジャッシュ   渡部建   小説    
2009. 07. 13 

最遊記は続くよどこまでも

峰倉かずやさんのブログに最遊記の情報がたくさんアップされてました☆
ちょっと興奮(゚m゚*)

~略~
今号で『最遊記RELOAD』の連載は終了、次は

『最遊記RELOAD BLAST』

として12月からゼロサムに戻って来ます。最遊記本編シリーズの最終章です。…最終章とか言って、多分また10年近くかかると推測されますので心してお付き合い下さい(笑)。私も心して取り掛かります。
略して『最ブラ』…はなんだかちょっと凄いモノをブラ下げているみたいなので、『最RB』とか『ブラスト』とか『リロブラ』とか表記する事になるかと思われます。

正直「最終章」という文字を読んでちょっと切なくなりましたが、
長~く続くみたいなので安心しましたw
最遊記にしか興味なくてゼロサムは買ってないので、コミック版を楽しみに待ちます。

【書籍販売物】
★2009年7月25日発売/コミックス『最遊記外伝』4巻(最終巻)
★2009年8月25日発売/『最遊記RELOAD複製原画集』
★2009年9月25日発売/コミックス『最遊記RELOAD』10巻(最終巻)
★2009年10月24日発売/画集『Salty-dog 6』
※他にも予定しておりますので、追って御報告致します。

これはヤバイ.....。楽しみ過ぎる.....。
外伝もリロードも最終巻なんですね。
とりあえず画集が楽しみでなりません。
複製原画集がどういうものなのかはっきりとはわかりませんが、
峰倉かずやさんの絵がとにかく大好きなので買わなきゃ損ですね。きっと。

最遊記シリーズ情報そのイチ。
最遊記シリーズ情報その二。



blogram投票ボタン
Share |

Tags : 最遊記   コミック   峰倉かずや    

    



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。