--. --. -- 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


blogram投票ボタン
Share |

 
2011. 02. 19 

「愛と青春の宝塚」 感動

aisei.png

会場 : 青山劇場
出演 : 真琴つばさ、彩輝なお、星奈優里、彩乃かなみ、松下洸平、坂元健児、岡田浩暉 他
日時 : 2月19日 17:00~



待ちに待った舞台。
幕が開くまでドキドキワクワク。
まず結論から。

泣いた!
感動した!
素晴らしかった!


本当です。
ホントにどんだけ泣かせるんだってくらい感動で泣きまくりました。
悲しい場面、感動の場面、いろいろありましたが、
一番最初に泣いたのはオープニング。
これはストーリーとは関係なく泣けてしまいました。

わたしマミさんをキッカケに宝塚にハマったのですが、
実はマミさんの現役時代を生で見たこと無いのです;;
当時は舞台というものにも詳しくなくて、チケットを取る方法すらわからなくて、
劇場に行くなんて考えもつかなかったくらいだったので。。。
だから今日、羽を背負ってるマミさんを生で見て、感無量で自然と涙が出てきてしまいました(T-T )
こんな最初の場面で誰も泣かないだろ!って思いながら一人そっと涙を拭いましたw

とにかくマミさんカッコいい。
マミさんは宝塚のために生まれてきたんだなと再認識^^
声すんごい低くて、影山とのデュエットも男同士歌ってるような感じでしたが(笑)、
影山に抱きしめられてる時の表情やしぐさは可愛らしい女性でした。
わたるさんのリュータンがすごく評判良かったみたいですが、
マミさんのリュータンでも再演して欲しいなと思いました。
(わたるさんバージョンもホントは見たかったんですけどね。。。)

サエさん最高でした。
実はかしげさんのタッチーを見たかったのですが、組み合わせ的に見れなくて。
でも!
サエさんで良かったと心から思います(^^)
確か初めて生宝塚を観たのが月組エリザで、サエさんがトートでした。
その時も感じたんですけど、わたしサエさんの歌声好きです。
意外と(←失礼;)伸びがあってキレイな歌声ですよね。
速水中尉とのシーン、号泣しました(ノД`)

かなみさんはとにかく可愛過ぎです。
もちろん歌は完璧でもっと聴きたいなとも感じましたが、
とにかく可愛いかったので満足ですw
るいさんもきっとすごく可愛らしいんだろうなって想像できますが、
かなみさんのあの可愛さは誰にも出せないだろうと。。。
ベニってすごく良いキャラですよね。
泣ける場面でもホッと一息つかせてくれるっていうか、笑わせてくれるっていうかw
かなみさんにピッタリの役だと思いました。

ユリさんも素敵でした(≧∪≦*)
これまたトモにピッタリだなと感じましたが、やっぱりユリさんは娘役が良いですねw
ユリさんは現役時代も卒業されてからもあまり舞台を観たことなかったのですが、
もともとダンスに定評のある方で、歌もなかなか歌えるし、
いろいろな役が出来る人だなと感じました。
キレイですしね(^^)
トモが死んでしまう場面も号泣ポイントですよ;;

男性陣も良かったですね。
オサム可愛いですw
岡田さんは以前観たのが何の舞台だったか忘れましたが、なんか上手くなってる?なんて(笑)
マミさんとのツーショット良かったです。
サカケンさんは相変わらず好きです。
わたしホント、サカケンさんの台詞回しが好きなんですよね。
四季は好きじゃないですけど、サカケンさんは好きなんですよねw

アンサンブルの中で注目したのが、美郷真也さん(まりえさん)。
結構好きだったんですよ、現役時代も。
こんなところでお目にかかれるとは!w
あと叶千佳さんもいたはずなんですけど、何故か探せませんでした;

最後、ショーがあるだろうなとは予想してて、きっと宝塚らしい煌びやかな感じで、
マミさんまた羽とか背負ってくれるかなとか期待していたんですが、
見事に裏切られました。
みんな黒で統一したカッコいい衣装で、大人っぽいジャジーなショーでした。
正直ありですw
とりあえずカッコいい(*≧∀≦)
でも、マミさんやサエさんもカッコよかったのですが、
それよりも、かなみさんとユリさんがもっとカッコよかったですw
特にかなみさん。
あれはまさにギャップですね(笑) ギャップにやられました。

てかマミさん、客席の明かりがついたのにまだ帰らず拍手してるお客さんに、
荷物まとめてとっとと帰れなんて。。。
いや、もちろん冗談ですけどね(笑)
マミさんらしくて良いです(・∀・)b

ドラマも感動して見ていたのですが、舞台はそれ以上でした。
きっと本物のタカラジェンヌが演じているからでしょうね。
いっぱい笑ったしいっぱい泣いたし、出来ればもう一度観たいです。
ぜひまたきっと再演して欲しいと思います。

スポンサーサイト


blogram投票ボタン
Share |

Tags : ミュージカル   宝塚    
2011. 01. 29 

『ドリームトレイル - 宝塚伝説』

dt.png

会場 : 青山劇場
出演 : 鳳蘭、安奈淳、杜けあき、麻路さき、春野寿美礼、初風諄、風花舞、大鳥れい、涼紫央 他
日時 : 1月29日 14:00~



宝塚100周年に向けての記念公演。
とにかく出演者が豪華!
OGの方たちと、現役生の競演も注目の公演でした。
現役生は星組の涼紫央さんの他に、逢月あかり、真衣ひなの、綺咲愛里、五條まりなの4人も出演。
そしてOGは上に挙げた方たち以外に、出雲綾、未来優希、朝澄けい、舞城のどか、大真みらん、
南海まり、彩海早矢、真波そら、瑠音舞佳、大月さゆというメンバー。
さらにさらにゲストで稔幸さん、姿月あさとさんのお二人も!
前編歌で構成されていて、ダンスもありで終始笑顔でとにかく楽しかったです(*≧∀≦)

出演者の中で特にわたしが好きな方は、春野寿美礼さん、風花舞さん、出雲綾さん、朝澄けいさん。
オサさんめっちゃキレイ!歌声最高。細すぎ~!
ゆうこさん可愛い!ダンスさすが素敵!
出雲さんはもう歌!歌!歌!完璧です。
けいさんはとにかく見れて嬉しかったです(T-T )
実は退団されて好きになった一人で、今回この舞台でカッコいいけいさん見れて幸せでしたw

宝塚の名曲を歌い次いでいくのですが、オリジナルの曲もいくつかありました。
その中で面白かったのが、始まりの方で歌われた「わたしたちの共通点」という曲。
涼さんに向かって「あなたは男か?女か?」みたいな歌詞でちょっと笑いを誘って、
次の未来さんの「わたしは男だったか女だったか」という歌詞で会場爆笑(笑)
現役時代は本当に男っぽかった未来さんですが、今日見てビックリ。
ドレスがすごく似合っててめっちゃ綺麗でした!

歌の上手いOGさんがたくさん出てらっしゃったので、どの曲も聴き応えありました。
出雲さんは本当に素晴らしいですね。
圧倒されちゃいます。
あとずんこさん!
「明日へのエナジー」は個人的にこの舞台のハイライトでした。
これは宝塚でもぜひ歌い続けて欲しいです。

宝塚ということで、この舞台での主役と言ったらやはり元男役トップスターさんですね。
鳳蘭さん、安奈淳さん、杜けあきさん、麻路さきさん、そしてオサさん。
皆さんさすがオーラがあって全く衰えを感じさせませんねw
オサさんは中でも一番若くて他の4人に比べてかなり後輩ですが、
現役の頃と変わらず舞台上で堂々とされていて持ち前のベルベットヴォイスを聴かせてくれました♪

一つだけ惜しいなと思ったのは、ゆうこさんのダンスシーンをもっと見たかったなということですね。
ジャズ系のダンスはあったのですが、もっとバレエ的なダンスを見たかったです。
『CANCAN』の時のようなテクニカルなダンスをもっと期待していたので、それだけ残念でした。

ダンスと言えば、バックダンサーにすんごい人見つけちゃいました。
最初は大真みらんさんばかり見ていました。
サラサラロングヘアーを振り乱して踊る姿がとにかくカッコ良かったですw
でもオペラグラスを外して全体を見ている時に目の端にすっごいテクニシャンを発見。
瑠音舞佳さんです。(現在は本名の生尾佳子として活躍中だそうです。)
それからはこの方ばかり追ってしまいました。
失礼ながら真ん中で歌っている方そっちのけでオペラグラスで追い続けました(^▽^;)
正直、これだけの実力を持っているなら宝塚に居続けるのは勿体無いなと感じてしまいました。
これからも注目してみようと思います。
ちなみに、今年12月からの『ロッキーホラーショー』に出演されます。

他のゲストの方も見たかったのですが、お金持ちじゃないので厳選して今日にしました。
わたるさんとか見たかったな~。
でもとにかく楽しい時間を過ごさせていただきました。
実は立ち見だったのですが、全く辛くなかったです!
100周年に向けての記念の公演ってこれからもきっとあると思いますが、
ぜひまた観に行きたいと思います(*゚▽゚*)



blogram投票ボタン
Share |

Tags : ミュージカル   宝塚    
2010. 06. 18 

『スカーレット・ピンパーネル』

revue_img.jpg


■ 劇場 : 東京宝塚劇場
■ 日時 : 6月18日 13:30~
■ 役替わり : ショーヴラン(明日海りお)、アルマン(龍真咲)



友達の友達にチケットを取ってもらい観ることが出来ました♪感謝!

感想。
スカピンめっちゃ好み。曲良すぎ。
きりやん最高☆
明日海さん超カッコいい!
蒼乃さん好き~♪
月組がやっぱりイチバン良い(≧ω≦*)

って感じですw

一番好きだった場面は2幕の、マルグリットが「ひとかけらの勇気」を歌うところ。
その時のグラパンことパーシーの反応、そしてその後「目の前の君」を歌い上げるところ。
この流れがすごく好きでした。

とにかくきりやんのお披露目だし話題作で大作で海外物で、観れなかったらあとで後悔したかも。
トウコさんの時には観られなくて案の定しっかり後悔しました(^▽^;)
だから余計に今回観れて良かったです。

曲はさすがというか、毎度のことですが、良い曲というのは難しいというのが常で。
それをきりやん率いる月組は見事に歌いきっていたと思います。
特にヘタクソ~!という人がいなくて、終始不快感なく気持ちよく聴けました。

きりやんが何より誰より見事だったのは言うまでもありません。
カッコいいだけじゃなくて、コメディアンっぽいところもあるパーシーはよく似合っていたと思います。

今日はショーブランが明日海さんだったのですが、もうほんとカッコ良かったですね。
歌も上手いし、もう既にトップスターという将来が見えたような気がしました。
にしても、「どうして今まで気が付かなかったんだ!」なんていう台詞を2回ほど言っていましたが、
その時のショーヴランがバカっぽく見えてちょっと笑えましたw

全く知らなかった蒼乃さんですが、わたしはすごい好きなタイプでした。
遠野さんやかなみさんみたいにすごく上手い訳ではありませんが、
台詞の時の声も歌声も好きです。 美人さんだしw

あとわたしが今注目している方が、紫門ゆりやさんと貴千碧さんです。
紫門さんはピンパーネル団の一員だったのですぐ見つけられましたが、
まんちゃん(貴千さんの愛称)はなかなか見つけるのが難しかったです;
まー、正直きりやんとか明日海さんとかを見るのに忙しかったからというのもありますがw

もりえさん(青樹泉さん)ももっと目立った役だったらと思います。
一応パーシーの一番の親友みたいな感じでしたが。
この作品はパーシーとマルグリットとショーブランが中心だからしょうがないですけどね。

「ひとかけらの勇気」は本当に素敵な曲ですね。
ぜひ覚えておきたい名曲です。
他の曲も良い曲ばかりなのでCDも欲しくなりました。

龍さんのショーブランも見たいです。
でもたぶんもう劇場で観る機会はないと思うので、いつかスカステでやったときにでもw

そういえば、今日はあさこさんとかなみさんが観劇していらっしゃったようです(*≧∀≦)
きりやんがしっかりとアドリブをきかせていましたw
休憩時間にはお客さんがあさこさんたちを見ようと身を乗り出したりしてました。
わたしも出来れば見たかった・・・。

さてパンフも買ったし、もうしばらく余韻に浸るとします。。



blogram投票ボタン
Share |

Tags : ミュージカル   宝塚    
2009. 08. 10 

月組次期トップスター決定

次期月組トップスターについて

この度、次期月組トップスターに霧矢 大夢(月組)が決定致しましたので、お知らせ致します。
なお、就任後初の公演は、2010年2月1日に初日を迎える月組中日劇場公演となります。

願っていた通り、きりやんがトップになりました(≧∪≦*)
あ、まだなってないか(汗
あさこさんの後を継ぐに相応しい方はきりやんしかいない!
しかも月組っていうのがもう完璧です☆
やっぱりきりやんは月組ですw
トップお披露目は観たいですねー。
中日劇場には行けませんが、東京でやったら絶対観に行きます!

ところでトップ娘役はどうなるんでしょうねー。
今どの組もトップ娘役の存在が薄い.....。
となみさんとかみほこさんとかあすかさんとかが卒業しちゃって、
後を継ぐ人がいないんですよねー。って個人的な意見ですけど。
きりやんの相手役には絶対実力のある人を就けてほしいです。


きりやんがトップになるのは嬉しいですが、
その前にあさこさんのサヨナラ公演も観に行かなきゃ☆



blogram投票ボタン
Share |

Tags : 宝塚   霧矢大夢    
2009. 08. 07 

最高のトートに出逢った

8月6日、友達に触発されて、急遽『エリザベート』を観る事になりました。
当日券をゲットするべく早朝4時に起きて始発を乗っていざ有楽町へ。
劇場に着いたらまだ5時半だというのに既にかなりの人が並んでいました。恐るべし!
わたしも列に混じって座って待機。
本読んだりDSやったり、約4時間半もの間チケット販売開始までジッと耐えました。
途中雨が降ってきたのですが、傘を持って行かなかったわたしを自分の傘に入れてくれた人。
台湾からの留学生でいろいろ気さくに話をしてくれましたw やさしさに感動☆
そしていよいよ販売開始。
わたしは残り3席というギリギリのラインで16列目をゲット。
座席が売り切れたら後は立ち見席が販売されます。

さて、公演の感想。
えーとですね、瀬奈トート、好き過ぎです。もうヤバイです。言うこと無しです。
ビジュアルは公演が始まる前からハマってました。最高です。
公演ではアサコさんの歌声や歌い方が見事にトートにマッチしていて瞬殺された感じですw
特に、エルマーたちに向かって歌う「行け、ウィーンへ」という部分。
この「行け」の囁くような歌い方がどツボで泣く場面では無いのに涙出ました。
台詞の言い回し、歌い回し、ダンスや動き一つ一つがどれも素晴らしかったです。
今まではなんだかんだで初演の一路トートが一番好きでしたが、
今回で個人的に瀬奈トートが文句なしにナンバーワンとなりました。

他キャストについて。
フランツ役のきりやんはやっぱり歌が上手いですね。
でもわたしはエリザベート無しでもやっていけそうだなと感じました。
元々はきはきとしっかりと歌い上げるタイプだと思うんです。
普段ならそれがすごく聴き心地良くて素晴らしいと感じるのですが、
フランツにしては芯が通り過ぎてるというか、余分な強さを感じました。
特にエリザベートの寝室の前で懇願するシーンはもっと貧弱な方がわたし好みです。

凪七瑠海さんは考えてたより遥かに良かったです。(失礼;)
少女時代はとにかく可愛かったですね。
でも歌いだすと急に老け込んでしまうのが惜しかったです。
だから後半の大人になった辺りは(想像以上に)良かったと思います♪

ルキーニの龍真咲さんもめっちゃわたし好みでしたw
あえてそうしているのか、笑い方がちょっと微妙でしたが、
歌も歌えるし身のこなしも素敵でした☆
今後注目して行こうかな~と(*'∇'*)

ゾフィーの城咲あいさん。
1幕は誰が演じているのかわからず見ていて、ちっとも迫力のないゾフィーだなと思いました。
幕間の休憩時間にパンフで確認して納得。
城咲さんにゾフィーはちょっと無理があるとしか思えませんが、どうしてこのような配役に?
迫力も怖さも足りなかったですね。
城咲さんに問題があるわけではなくて、配役ミスではないかと.....。

あとは、マックス役の越乃リュウさんとエルマー役のアヒさん、
シュヴァルツェンベルク役の星条海斗さんが良かったです。星条さんは声が素敵でした。

シーンでは相変わらずミルクと病院の場面が好きです。
と言っても『エリザベート』はどのシーンもどの曲も素晴らしくて、
わたしの好きなミュージカル不動の第1位となっています♪
今回は2階の最後列でしたが、そこまで迫力が伝わってきて、
改めて宝塚のレベルの高さに圧倒されました。
そして何より瀬奈トートが素晴らし過ぎてすごい幸せな気持ちになりました。
DVDもきっと買いますw
めっちゃ早い時間に起きて並んだ甲斐があったし、最後列でも2500円は安かったです。
良い舞台が観れて良かったです。
明日からもがんばるぞー。゚+.(・∀・)゚+.゚



blogram投票ボタン
Share |

Tags : 宝塚   エリザベート   瀬奈じゅん    

    



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。